報道発表資料

平成22年6月4日
自然環境
この記事を印刷

「小笠原諸島」の世界遺産一覧表への記載に係る国際自然保護連合(IUCN)による調査について(お知らせ)

 我が国は、平成22年1月、東京都の「小笠原諸島」を世界遺産条約に基づく世界遺産一覧表に記載するための推薦書を提出したところです。これを受けて、記載に係る審査の一環として、世界遺産委員会の諮問機関である国際自然保護連合(IUCN)の専門家による調査が7月に行われることが決まりましたのでお知らせします。

1.調査期間

平成22年7月2日(金)から15日(木)まで

7月2日(金)
事前説明
7月3日(土)
小笠原へ向けて出航
7月4日(日)
小笠原着
 〜13日(火)
小笠原諸島の現地調査
7月13日(火)
東京へ向けて出航
7月14日(水)
東京着
7月15日(木)
評価者と行政機関との意見交換

2.派遣される専門家

ピーター・シャディー氏
   Mr. Peter SHADIE(Coordinator, Regional Protected Areas Programme)

ナオミ・ドーク氏
   Ms. Naomi DOAK(Programme Officer, Regional Protected Areas Programme)

 両者ともIUCNアジア地域事務所(バンコク)に所属

3.その他

 スケジュール、取材等の詳細につきましては、追ってお知らせする予定です。
 なお、現地調査の結果を踏まえ、平成23年(来年)夏頃に開催される第35回世界遺産委員会において、小笠原諸島の世界遺産一覧表への記載の可否が審査される予定です。

連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課
直通:03-5521-8274
代表:03-3581-3351
課長:星野 一昭(内線6430)
課長補佐:奥山 正樹(内線6435)
担当:羽井佐 幸宏(内線6477)

ページ先頭へ