報道発表資料

平成22年5月27日
自然環境
この記事を印刷

国際生物多様性年クロージングイベント開催実行委員会(仮称)の開催について(お知らせ)

 6月3日に、国際生物多様性年クロージングイベント開催実行委員会(仮称)を石川県金沢市で開催します。
 本実行委員会は、農林水産省、環境省、石川県、金沢市、地元経済団体等の関係機関が協力連携し、国連が定めた国際生物多様性年を締めくくるクロージングイベントを開催するために組織されるものです。

会議日時等

日時:平成22年6月3日(木)10:00〜11:00
場所:金沢ニューグランドホテル 3階「パラッツオ」(石川県金沢市)
実行委員会の構成団体(予定):農林水産省、環境省、石川県、金沢市ほか

会議の開催趣旨

 2010年は国連の定めた国際生物多様性年であり、また、日本で生物多様性条約第10回締約国会議及びカルタヘナ議定書第5回締約国会議(COP10/MOP5)が開催される重要な年です。
 そのため、生物多様性条約事務局からの要請により、国際生物多様性年の国際的なクロージングイベントをCOP10/MOP5の議長国である日本で開催し、各国の国際生物多様性年の取組及びCOP10/MOP5の成果等を世界にアピールすることとしています。
 そのため本実行委員会では、国、地方公共団体、地元経済団体等の関係機関が協力連携し、官民一体となって生物多様性にとって重要な2010年を締めくくる式典等のイベントを開催するために必要な事項を検討、決定していきます。

クロージングイベントのイメージ

詳細については本実行委員会で今後検討し、概要が決定され次第、公表します。
国際生物多様性年クロージングイベントの日程等
日程:
平成22年12月18日(土)〜19日(日)
場所:
金沢市内で検討中
主催:
国際生物多様性年クロージングイベント開催実行委員会
12月18日(土)
≪式典≫
会場:
金沢市内で検討中
参加者:
各国代表、国連機関ほか
内容:
各種スピーチ
基調講演若しくは、関係映像の放映
COP10/MOP5成果報告
国際生物多様性年に係る各国の取組報告
国際生物多様性年の総括
≪歓迎レセプション≫
会場:
金沢市内で検討中
参加者:
式典出席者、地元関係者ほか
12月19日(日)
≪シンポジウム≫
会場:
金沢市内で検討中
参加者:
式典出席者、地元関係者、一般市民ほか
内容:
スピーチ
パネルディスカッション
≪エクスカーション≫
会場:
金沢市内各地
参加者:
式典出席者

参考

国際生物多様性年国内委員会について
国際生物多様性年に対応する国内委員会
 国連総会決議により、各国に国際生物多様性年に対応した国内委員会の設立が要請されていることを受けて、生物多様性に対する社会の認識を高めるとともに、生物多様性の保全と持続可能な利用に資する活動の実施及び促進を行うため、本年1月25日、国際生物多様性年国内委員会が設立されています。 
国際生物多様性年国内委員会との関係
記念事業
 国際生物多様性年国内委員会では、必要に応じて各種記念事業を実施するためのプロジェクトチームを設立することとしており、本クロージングイベントはこれら記念事業の一つに位置付けられています。
連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課生物多様性地球戦略企画室
直通:03-5521-8275
代表:03-3581-3351
室長:鳥居 敏男(6480)
COP10準備室次長:佐藤 邦子(6494)
室長補佐:鈴木 渉(6838)
担当:石川 勉(6476)

ページ先頭へ