報道発表資料

平成22年5月17日
地球環境
この記事を印刷

「チャレンジ25フォーラム」〜地域で取り組む地球温暖化防止活動とその可能性〜(お知らせ)

 チャレンジ25キャンペーン(環境省)では、温室効果ガス排出量を2020年までに1990年比で25%削減するという目標を達成するため、企業の環境技術や地域での温暖化防止活動に焦点を当て、先進的な取組をしている専門家や企業、自治体などの代表者によるプレゼンテーションをチャレンジ25フォーラムと題して、5月21日(金)13時〜16時40分までの間、目黒雅叙園2F(舞扇)にて開催します。
 同フォーラムではチャレンジ25キャンペーンのスーパーアドバイザーでもある小宮山宏三菱総合研究所理事長をはじめ、先進的な温暖化防止への取組をしている企業・自治体などの代表者より、最新の環境技術や取組の紹介をフォーラム形式で実施します。
 また、冒頭では世界の先進事例を集めた映像素材を上映する予定です。

「チャレンジ25フォーラム」〜地域で取り組む地球温暖化防止活動とその可能性〜の開催について

主催:
チャレンジ25キャンペーン(環境省)
日時:
2010年5月21日(金) 13:00〜16:40
場所:
目黒雅叙園2F 舞扇(東京都目黒区下目黒1−8−1)
http://www.megurogajoen.co.jp/aboutus/access_map.html
※会場地図別紙ご参照下さい。
備考:
本フォーラムは、日経BPセミナー「グリーン・テクノロジー&マネジメントシンポジウム2010」内で開催します。(事前登録制、入場無料)
http://ac.nikkeibp.co.jp/2010/gtm0520/
内容(予定):
温室効果ガス排出量25%削減に向けて各企業、団体、自治体で行っている最新の環境技術や温暖化防止の取組をプレゼンテーション形式で紹介。
スケジュール:
13:00〜13:10
CO2削減に向けた世界の先進事例(VTR上映)
13:10〜13:40
北九州市 環境モデル都市担当理事 松岡俊和 氏
−『低炭素社会に向けた北九州市の挑戦』
13:40〜14:10
株式会社積水ハウス代表取締役会長兼CEO 和田勇 氏
−『温暖化対策の中での住宅産業の役割』
14:15〜15:00
株式会社三菱総合研究所理事長 小宮山宏 氏
−『低炭素社会実現に向けた日本のチャレンジ』
  〜課題先進国日本にとって、CO2の25%削減はチャンスである〜
15:00〜15:30
株式会社日本政策投資銀行執行役員業務企画部長 前田正尚 氏
−『グリーンビジネスと金融の役割』
  〜グリーンビジネスで地域経済を元気に。環境と金融の連携を探る〜
15:40〜16:10
社団法人日本照明器具工業会 会長 福田正巳 氏
−『次世代半導体照明が暮らしを変える』
  〜照明業界が取り組むチャレンジ25への挑戦〜
16:10〜16:40
横浜市副市長 山田正人 氏
−『低炭素型都市構造への転換を目指して−−環境モデル都市・横浜の挑戦』

参加申し込み

申し込み、セミナー全体への問い合わせについては下記Webサイト(日経BPセミナーのご案内「グリーン・テクノロジー&マネジメントシンポジウム2010」)からお願いします。(事前登録制、入場無料)
http://ac.nikkeibp.co.jp/2010/gtm0520/

取材申し込み

当日、「チャレンジ25フォーラム」会場前受付にてお申込み下さい。プレスパスをお渡しいたします。(080-3710-4253受付担当:山川)

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課国民生活対策室
(代表:03-3581-3351)
(直通:03-5521-8341)
室長:植田 明浩(内:6725)
課長補佐:佐藤 匡廣(内:6792)
担当:石川 博貴(内:6763)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ