平成22年5月7日
自然環境

第64回愛鳥週間「全国野鳥保護のつどい」について(お知らせ)

平成22年5月10日から16日にかけての愛鳥週間の中心的行事として、5月16日(日)に石川県立音楽堂 邦楽ホール(石川県金沢市)におきまして、常陸宮殿下((財)日本鳥類保護連盟総裁)、同妃殿下の御臨席の下に「全国野鳥保護のつどい」が開催されます。

「全国野鳥保護のつどい」においては、野生生物保護功労者として、次の個人及び団体が、(財)日本鳥類保護連盟総裁等から表彰されます。

野生生物保護功労者一覧

(財)日本鳥類保護連盟総裁賞 大串(おおぐし) 龍一(りよういち) (石川県)
湯浅(ゆあさ) 純孝(すみたか) (富山県)
 
環境大臣賞 小城(おぎ) 春雄(はるお) (北海道)
故 近辻(ちかつじ) 宏帰(こうき) (新潟県)
矢田(やた) 新平(しんぺい) (石川県)
中津(なかつ) 賞(すすむ) (大阪府)
南魚沼市立第二上田小学校
(みなみうおぬましりつだいにうえだしょうがっこう)
(新潟県)
沖縄野鳥の会(おきなわやちょうのかい) (沖縄県)
 
環境省自然環境局長賞 高羽(たかば) 正治(しょうじ) (石川県)
木村(きむら) 修司(しゅうじ) (愛知県)
上三川(かみのかわ)町立坂上(さかうえ)小学校 (栃木県)
東近江(ひがしおうみ)市立愛東北(あいとうきた)小学校 (滋賀県)
北海道(ほつかいどう)野鳥愛護会(やちょうあいごかい) (北海道)
酒田市(さかたし)白鳥(はくちよう)を愛する会 (山形県)

概要

 愛鳥週間は、野鳥を保護し愛鳥思想を広く国民に普及するため、昭和22年4月10日に「バードデーの集い」(現、(財)日本鳥類保護連盟(以下「連盟」)主催)として始まり、昭和25年より現在のように、毎年5月10日から16日の1週間を「愛鳥週間」と定められたものであります。
 愛鳥週間の中核行事である「全国野鳥保護のつどい」は、昭和36年から連盟の主催で、昭和42年から連盟と開催県の共催で、環境庁の設置後の昭和47年からは環境省(当時環境庁)、連盟及び開催県の共催で、また今年度は、開催市も含んだ形での共催で行われます。

1.第64回愛鳥週間「全国野鳥保護のつどい」記念式典

(1)主催
環境省、石川県、金沢市、(財)日本鳥類保護連盟
(2)後援
文部科学省、林野庁
(3)期日
平成22年5月16日(日)10:00〜11:30
(4)会場
「石川県立音楽堂 邦楽ホール」
(石川県金沢市昭和町20−1)
(5)記念式典
[1]主催者挨拶・・・・
環境省、(財)日本鳥類保護連盟会長、石川県、金沢市
[2]おことば・・・・・・
常陸宮殿下((財)日本鳥類保護連盟総裁)
[3]表彰(野生生物保護功労者)・・・
(財)日本鳥類保護連盟総裁賞、
環境大臣賞、自然環境局長賞等
[4]野生生物保護活動発表
(6)出席者数
約400人
主催者のほか、受賞者、関係省庁、関係行政機関、自然保護団体、関係小学校、一般市民

2.関連行事

1)愛鳥シンポジウム・IN金沢(平成22年5月15日(土)14:00〜17:00

会場
:石川県政記念しいのき迎賓館
テーマ
:「トキとの共生をめざして」
内容
:基調講演及びパネルディスカッション
出席者
:(財)日本鳥類保護連盟、野鳥保護関係団体、一般市民

2)愛鳥パーティー(平成22年5月16日(日)13:00〜14:00

主催
:(財)日本鳥類保護連盟、石川県、金沢市
会場
:ANAクラウンプラザホテル金沢(3F 鳳の間)
出席者
:常陸宮殿下、同妃殿下、(財)日本鳥類保護連盟会長、
 石川県知事、受賞者ほか  約100名

添付資料

連絡先
環境省自然環境局野生生物課
直通 03−5521−8282
代表 03−3581−3351
課長 塚本 瑞天(6460)
課長補佐 三橋 英夫(6461)
係長 伊藤 宏充(6467)