報道発表資料

平成22年4月19日
水・土壌
この記事を印刷

環境技術実証事業 閉鎖性海域における水環境改善技術分野平成22年度実証運営機関の選定について(お知らせ)

 環境省では、環境技術実証事業閉鎖性海域における水環境改善技術分野の平成22年度実証運営機関を選定しましたので、お知らせします。

1.経緯

 環境省では、平成22年3月4日から平成22年3月24日までの期間において、「環境技術実証事業実施要領」に基づき、閉鎖性海域における水環境改善技術分野の平成22年度実証運営機関の公募を行いました。
 公募に対し申請のあった団体について審査を行った結果、以下の団体を平成22年度の閉鎖性海域における水環境改善技術分野の実証運営機関として選定しました。

【実証運営機関】
 財団法人港湾空間高度化環境研究センター
 東京都港区虎ノ門3丁目1番10号

2.今後の予定

 実証運営機関において、閉鎖性海域における水環境改善技術分野の実証試験要領の改訂、実証機関の選定等を行います。
 また、今後選定される実証機関において、平成22年度の実証対象技術を公募する予定です。

連絡先
環境省水・大気環境局水環境課閉鎖性海域対策室
(代表03-3581-3351)
(直通03-5521-8319)
室長:室石 泰弘(6660)
室長補佐:飯田 幸雄(6665)
主査:山田 拓也(6666)

ページ先頭へ