報道発表資料

平成22年3月25日
地球環境
この記事を印刷

第12回オフセット・クレジット(J-VER)認証運営委員会の開催について(お知らせ)

  • 環境省では、平成20年11月に国内の温室効果ガス排出削減・吸収プロジェクトにより実現された排出削減・吸収量をカーボン・オフセットに用いることができるクレジット(J-VER)として認証するオフセット・クレジット(J-VER)制度を創設しました。
  • 今般、本制度に係る第12回オフセット・クレジット(J-VER)認証運営委員会を開催しますので、お知らせします。
  • 会議は非公開ですが、開催結果は本制度の事務局(気候変動対策認証センター)のホームページで公表します。

※自らの温室効果ガスの排出量を認識し、主体的に削減努力を行うとともに、削減が困難な部分について、他の場所で実現した排出削減・吸収活動等により、その排出量の全部又は一部を埋め合わせること。

1.日時

平成22年3月29日(月)10:00〜18:00

2.議事次第(予定)

1.
はじめに
2.
今後のオフセット・クレジット(J-VER)制度のあり方に関する審議
3.
オフセット・クレジット(J-VER)制度関連文書の修正に関する審議
4.
登録プロジェクトに対するモニタリング・検証結果に基づく排出削減量・吸収量の認証に関する審議
5.
登録プロジェクトに対する変更申請に関する報告・審議
6.
申請プロジェクトに対する事前審査結果に基づく登録可否等に関する審議
7.
その他

3.公開に関する取扱い

 本会議は、非公開です。会議資料や議事概要については、後日、本制度事務局を務める気候変動対策認証センターのホームページにおいて公表します(6.参照)。

4.オフセット・クレジット(J−VER)制度の概要(別添1参照)

 これまで、カーボン・オフセットには主に京都メカニズムクレジットが用いられていましたが、国内の排出削減・吸収活動によるクレジットを用いたいというニーズの高まりを受けて、環境省では、一定の基準を満たした信頼性の高いクレジットを認証する「オフセット・クレジット(J-VER)制度」を創設しました。  本制度の活用によって、これまで海外に投資されていた資金が国内の温室効果ガス排出削減・吸収活動に還流することとなるため、地球温暖化対策と地域経済の活性化が一体的に推進されることが期待されています。

5.オフセット・クレジット(J−VER)認証運営委員会について

 「オフセット・クレジット(J−VER)認証運営委員会」(以下、「認証運営委員会」という。)は、J-VERの認証・発行・管理を行う機関として環境省が設置したものです。認証運営委員会では、ポジティブリスト及び方法論の決定、プロジェクトの登録、温室効果ガスの排出削減・吸収量の認証、J-VERの発行等を管理監督します。
 認証運営委員会の構成委員につきましては、別紙を御参照ください。

6.その他

 今回の会議結果及びこれまでの委員会開催状況・結果については、本制度事務局のホームページをご覧ください。 http://www.4cj.org/jver/scheme.html

添付資料

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課市場メカニズム室
直通:03-5521-8354
代表:03-3581-3351
室長: 戸田 英作(6737)
室長補佐:塚本 愛子(6785)
係長:泉 勇気(6041)
担当:新中、西村(6041)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ