報道発表資料

平成22年3月18日
地球環境
この記事を印刷

「日中低炭素社会フォーラム2010」の開催について(第2報)

 平成22年3月27日(土)に北京西郊賓館で「日中低炭素社会フォーラム2010」が開催されます。フォーラムでは、日本及び中国の産・学・官の講演者が、それぞれの国における低炭素社会へ向けた取組を紹介します。また、本フォーラムをキックオフの場とし、本年度より「日中低炭素共同研究」を開始します。
 なお、本フォーラムは、平成22年2月22日(月)に第1報として「日中低炭素セミナー2010」(仮題)としてお知らせしていたものですが、今般題名及びプログラムが決まったため、第2報としてお知らせいたします。
 また、第1報では、会場を「日中友好環境保全センター」とお知らせしましたが、会場が「北京西郊賓館」に変更になりましたのでご注意下さい。

1.開催日時:
平成22年3月27日(土)9時00分〜17時10分(開場8時30分)
2.プログラム:
別紙1(使用言語:日本語及び中国語の同時通訳)
3.会場:
中国北京市海淀区王庄路18号「北京西郊賓館」(詳細は別紙2)
4.主催:
中国清華大学環境科学・工程系
5.協力:
環境省
6.後援:
(独)国際協力機構(JICA)中華人民共和国事務所、(独)国際交流基金北京日本文化センター)、(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、(財)地球環境戦略研究機関(IGES)北京事務所、中国環境投資網、中国環境投資連盟、中国持続可能発展研究会、(財)日中経済協会北京事務所、(社)日本環境技術協会(JETA)、(独)日本貿易振興機構(JETRO)北京センター(五十音順)
7.フォーラムの傍聴と取材
 本フォーラムは公開です。傍聴(無料)を御希望の方は、電子メールにて題名を「日中低炭素社会フォーラム 傍聴希望」とし、本文に(1)住所、(2)氏名、(3)勤務先、(4)電話番号、(5)電子メールアドレスを明記の上、3月25日(木)18時必着で、以下の宛先までお申し込みください。傍聴可能人数は250人(日中合計)を予定しており、希望者がこれを超えた場合は抽選とさせていただきます。
 お申込みは傍聴希望者1名につき1通でお願いします。こちらからの返信メールを傍聴券といたしますので、傍聴券を当日お持ちください。
 取材申し込みについては2月22日付報道発表の別紙に記入のうえ、3月25日(木)までに以下の宛先までお申し込みください。
【宛先】
株式会社日本総合研究所
創発戦略センター[参加申し込み担当:宍戸、取材申し込み担当:渡辺、于]
直通:03-3288-4265
E-mail:100860-seminar@ml.jri.co.jp

過去の報道発表資料
2010.02.22 「日中低炭素セミナー2010」(仮題)の開催について(お知らせ)

以上

添付資料

連絡先
環境省地球環境局(旧)環境保全対策課
環境協力室(代表:03-3581-3351)
        (直通:03-5521-8248)
室長 大村 卓(6760)
室長補佐 中川 亜起子(6766)
担当 新村 靖(6723)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ