報道発表資料

平成22年3月8日
地球環境
この記事を印刷

漂流・漂着ゴミ国内削減方策モデル調査(第2期)第2回検討会の開催について(お知らせ)

 環境省は、平成19〜20年度(第1期)に引き続き、平成21年度から新たなモデル地域等において、「漂流・漂着ゴミ国内削減方策モデル調査(第2期)」を実施しています。本モデル調査は、漂流・漂着ゴミの被害が著しい地域をモデル地域として選定し、地域の実情に応じた漂流・漂着ゴミの効率的かつ効果的な回収・処理方法及び対策のあり方について検討するものです。
 今般、本モデル調査の調査結果等について検討を行う第2回総括検討会を開催しますので、お知らせします。今回の検討会では、今年度の調査結果等について議論を行う予定です。なお、検討会は公開で行います。

1.日時

平成22年3月17日(水)13:00〜16:30

2.場所

航空会館2階 201会議室(東京都港区新橋1丁目18番1号)

3.検討会委員(敬称略、50音順)

兼広 春之
東京海洋大学海洋科学部 教授
小島 あずさ
JEAN/クリーンアップ全国事務局 代表
澤根 敏弘
山形県庄内総合支庁保健福祉環境部環境課 課長
藤枝 繁
鹿児島大学水産学部 准教授
藤吉 秀昭
財団法人日本環境衛生センター 理事
松波 淳也
法政大学経済学部 教授
松村 憲樹
島根県環境生活部廃棄物対策課 課長
道田 豊
東京大学海洋研究所 教授
尹 宗煥
九州大学応用力学研究所 教授 
横浜 康継
南三陸町自然環境活用センター 所長

4.議事

概況調査結果について
クリーンアップ調査及びフォローアップ調査結果について
その他の調査結果について
海岸清掃マニュアル(骨子案)について
その他

5.傍聴の申し込み

傍聴をご希望の方は、「検討会傍聴希望」と明記し、[1]氏名、[2]住所、[3]電話番号、[4]勤務先、[5]傍聴券の送付先(E-mailアドレス又はFAX番号)をご記入の上、3月16日(火)12時必着で、下記連絡先宛にE-mail又はFAXでお申し込みください。お申し込みは、傍聴希望者1名につき1通とさせていただきます。
一般の方の傍聴は、定員(20名程度)までとし、先着順に受付けます。傍聴可能な方には傍聴券を送付いたしますので、当日の傍聴の際に必ずご持参ください。なお、申込み多数により傍聴いただけない場合には、その旨ご連絡いたします。
マスコミ関係者でカメラ撮りを希望される方は、3月16日(火)までに下記連絡先までお申し込みください。

6.連絡先

日本エヌ・ユー・エス株式会社 担当:中澤 和子
〒108-0022 東京都港区海岸3-9-15 LOOP-Xビル8階
TEL:0120-133395 FAX:03-5440-1870
E-mail:litter2007@janus.co.jp

連絡先
環境省地球環境局(旧)環境保全対策課
直通:03−5521−8245
代表:03−3581−3351
課長:瀬川 俊郎(内線6740)
課長補佐:辻原 浩(内線6741)
係長:岡野 祥平(内線6747)

ページ先頭へ