報道発表資料

平成21年11月9日
自然環境
この記事を印刷

連携イベントへの「地球いきもの応援団」の出演について(お知らせ)

 第三次生物多様性国家戦略(平成19年11月閣議決定)において、環境省は生物多様性の重要性を一般の人々の生活や企業活動の中に浸透させていくため、様々な取組とのタイアップによる広報活動を展開することとしています。
 そこで、今回、公益法人や企業が主催するイベントと連携し、「地球いきもの応援団」に出演していただくことを通じて、市民レベルで生物多様性への関心を盛り上げてまいります。
 なお、「地球いきもの応援団」は、生物多様性に対する国民の理解の増進及び多様な主体の参画を、より一層推進していくために「生物多様性広報・参画推進委員会」で検討された、生物多様性に関する普及・広報の方策のひとつです。

1.
連携イベントについて
 環境省では、生物多様性の重要性を市民生活や企業活動の中に浸透させていくため、様々な取組とのタイアップによる広報活動を展開することとしております。
 今回、「地球いきもの応援団」のメンバーの方々には、次のイベントに御参加いただくこととしております。
(1)
「世界が注目する生物の多様性 新しい自治体のあり方」
主催者:財団法人日本生態系協会
日時:平成21年11月12日(木)13:00〜17:50
場所:津田ホール(東京都渋谷区)
御参加いただくメンバー:草野 満代さん
参照URL:http://www.ecosys.or.jp/eco-japan/activity/symposium/index.html
(2)
「企業が語るいきものがたり Part3」
主催者:三井住友海上火災保険株式会社
日時:平成21年11月25日(水)10:00〜17:30
場所:中央大学駿河台記念館281
御参加いただくメンバー:松本 志のぶさん
参照URL:http://www.ms-ins.com/news/h21/news_1009_1.html
2.
著名人による広報組織「地球いきもの応援団」について
(1)
役割
幅広い国民を対象とし、生物多様性について認知してもらい、具体的な行動を促すため、様々な場面で広報活動を担っていただく。
各メンバーには、生物多様性に関するイベント等において広報活動に御協力いただくとともに、御自身の著作や講演、メディアへの登場等を機会に、生物多様性に関するメッセージを発信していただく。
(2)
「地球いきもの応援団」メンバー(平成21年11月9日現在)」

(敬称略、五十音順)

大桃 美代子 (タレント/キャスター)
草野 満代 (フリーアナウンサー)
さかなクン  (東京海洋大学客員准教授/お魚らいふ・コーディネーター)
滝川クリステル (フリーキャスター)
松本 志のぶ (フリーアナウンサー)
養老 孟司  (生物学者/東京大学名誉教授)

(参考)
生物多様性広報・参画推進委員会について
 生物多様性基本法(平成20年6月施行)、第3次生物多様性国家戦略(平成19年11月閣議決定)では、生物多様性に関する国民の理解の増進や多様な主体の参画について記述されているところです。環境省では、2010年に我が国で開催される生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)を契機に、このような取組ついてより一層推進していくこととしております。
 これを受け、昨年度より「生物多様性広報・参画推進委員会」を立ち上げ、生物多様性に関する広報・参画の推進方策について検討していただくとともに、各分野での活動内容について情報共有及び連携促進を図っております。

添付資料

連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課生物多様性地球戦略企画室
代表:03-3581-3351
直通:03-5521-8275
室長:鳥居 敏男(6480)
COP10準備室次長:佐藤 邦子(6494)
室長補佐:鈴木 渉(6838)
担当:天野 真(6825)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ