報道発表資料

平成21年3月16日
廃棄物
この記事を印刷

3R促進のためのポイント制度等 経済的インセンティブ付けに関する検討会(第1回)の開催について(お知らせ)

 国民の3R(リデュース、リユース、リサイクル)の取組を進めるため、ポイント制度等の在り方の検討を行う「3R促進のためのポイント制度等経済的インセンティブ付けに関する検討会(第1回)」を3月30日(月)に開催します。

1.概要

 第2次循環型社会形成推進基本計画では、廃棄物等の減量化に関する数値目標を定め、取組を進めることなどが定められています。平成21年3月の同計画の進捗状況に関する第1回点検では、3Rに関する国民の意識は高い水準にあるが、具体的な行動は全般的に低い水準にあると報告されています。
 これを受けて、3R活動全般の取組を進めるため、経済的な手法、特に、ポイント付与システムという経済面でのインセンティブを活用できるケースについて検討を進め、基本的な考え方、可能な選択肢及びその導入に伴う課題等を整理することとしました。
 そこで、3月30日(月)に「3Rの促進のためのポイント制度等経済的インセンティブ付けに関する検討会(第1回)」を開催します。
 会合の傍聴を希望される方は事前にお申し込み下さい。

2.日時

平成21年3月30日(月)15:00〜17:00

3.場所

金融庁 14階 1414号室
東京都千代田区霞が関3−2−1

4.議題

(1)
既存のエコポイントシステムや3R分野における先進的な取組事例の紹介
(2)
ポイント等を付与すべき3Rの取組に関する考え方について

5.傍聴

 本会議は公開です。傍聴を希望される方は、3月24日(火)12:00(必着)までに傍聴希望者ごとにFAX又は電子メールにより、住所、氏名、電話番号及び(差し支えなければ)所属を御記入の上、お申し込みください。電子メールでお申し込みの場合は件名を「3R促進のためのポイント制度等経済的インセンティブ付けに関する検討会(第1回)傍聴希望」と御記入ください。
 なお、一般の傍聴が可能な人数は20名を予定しています。傍聴希望者数がこれを上回った場合、傍聴希望者の中から抽選により、傍聴できる方を選定することといたします。
 傍聴券の配布は致しません。傍聴いただけない場合にのみ、その旨メール等で御連絡を差し上げます。

傍聴申込期日及び申込先

申込締め切り 平成21年3月24日(火)12:00
環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部企画課循環型社会推進室
担当:菅原
電話:03-3581-3351(内線6819)
FAX:03-3593-8262
電子メール:junkan@env.go.jp

添付資料

連絡先
環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部企画課循環型社会推進室
直通:03-5521-8336
代表:03-3581-3351
室長:大森 恵子(内線 6898)
室長補佐:清水 正雄(内線 6820)
担当:菅原 聖子(内線 6819)

関連情報

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ