報道発表資料

令和2年11月16日
再生循環
この記事を印刷

令和二年度 福島再生・未来志向シンポジウム~いっしょに考える「福島、その先の環境へ。」~の開催について

 環境省では地域のニーズに応え、環境再生の取組のみならず、脱炭素、資源循環、自然共生という環境の視点から地域の強みを創造・再発見する「福島再生・未来志向プロジェクト」を推進しています。令和2年8月には福島県と「福島の復興に向けた未来志向の環境施策推進に関する連携協力協定」を締結し、県との協力を一層強化していくことで、環境施策の分野においても、福島の復興をより一層加速させます。
 本シンポジウムでは、福島県と締結した協定の下、「未来志向の環境施策」の推進に向けて、県内の民間事業者や関係機関等に連携協力協定の周知と、未来志向の環境施策に関する情報発信を行います。

1.概要 

日時

シンポジウム 令和2年11月27日(金)13:00-16:00(受付12:30)

現地見学会  令和2年11月28日(土) 8:40-18:00

会場

双葉町産業交流センター(福島県双葉郡双葉町大字中野字高田1番地1)

※現地見学会の見学施設等の詳細については、別添チラシを御参照ください。

主催

環境省、国立研究開発法人国立環境研究所

共催

福島県

定員  ※事前申込み、先着順 (参加無料)

シンポジウム 50名 (Web参加1000名)

現地見学会  50名

プログラム(予定)

①あいさつ

 環境省、福島県

②基調講演

 「地球温暖化と私たちの生活」

 亀山 康子 氏(国立環境研究所 社会環境システム研究センター長)

③基調報告 

 国立環境研究所 林 誠二氏(国立環境研究所 福島支部 研究グループ長)

 環境省 

④パネルディスカッション

 テーマ

  復興とともに進める地球温暖化対策

 モデレーター

  大原 利眞 氏(国立環境研究所 福島支部 フェロー)

 パネリスト

  伊澤 史朗 氏(福島県双葉町長)

  亀山 康子 氏(国立環境研究所 社会環境システム研究センター長)

  深山 陽子 氏(国立大学法人 福島大学 農学群 食農学類 准教授)

  牧ノ原 沙友里 氏(一般社団法人 ならはみらい 管理本部主任)

  佐藤 順英 氏(株式会社エイブル 代表取締役)

⑤これからの取組

 未来志向連続環境勉強会について

 表彰制度(チャレンジ・アワード)について

   登壇:CANDLE JUNE 氏、環境省

備考

 新型コロナウイルス感染対策として、本シンポジウムはWEB併用での開催といたします。

2.参加方法

以下のメールアドレスへ、①参加形式(下記参照)②メールアドレス③氏名④所属⑤電話番号を御入力の上、お申し込みください。

E-mail:saisei_mirai_symposium@n-koei.co.jp


○参加形式については、下記2パターンから御選択ください。
(1)シンポジウム:会場参加 かつ 現地見学会:参加
(2)シンポジウム:Zoom でリモート参加 (現地見学会は不参加)


○申込期日
(1)シンポジウム(会場参加)及び現地見学会参加:11 月18 日(水)17:00
(2)シンポジウム(Zoom でリモート参加)のみ:11 月25 日(水)


※当日の参加方法等は、参加が確定した方に後日改めて、メールにて御案内させていただきます。

3.当日の取材に関して

シンポジウム及び見学会の取材に関しては事前登録が必要です。

現地見学会の取材を御希望の場合は11 月18 日(水)までに、シンポジウムの取材を御希望の場合は11 月26 日(木)17:00 までに、氏名、会社名、役職名、連絡先(電話番号・FAX・電子メールアドレス)、カメラ撮影の有無を下記連絡先に電子メール又はFAXにて御連絡ください。

【連絡先】

環境省 環境再生・資源循環局 特定廃棄物対策担当参事官室

 和田、阿部

メールアドレス :mirai_shikou@env.go.jp

FAX:03-3581-3525

※詳細は添付資料のチラシをご参照ください。

 

添付資料

連絡先

環境省環境再生・資源循環局特定廃棄物対策担当参事官室(指定廃棄物対策チーム・対策地域内廃棄物チーム)

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-3581-2788
  • 参事官則久 雅司
  • 参事官補佐和田 紘希(内線 7805)
  • 担当阿部 真也(内線 7824)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ