報道発表資料

平成21年3月2日
水・土壌 大気環境
この記事を印刷

「第2回東アジア地域の非意図的生成POPs削減に関するワークショップ」の開催について(お知らせ)

 環境省では、「第2回東アジア地域の非意図的生成POPs削減に関するワークショップ」を平成21年3月9日(月)〜3月10日(火)に開催します。
 本ワークショップでは、東アジア地域における、ダイオキシン類等、非意図的に生成される残留性有機汚染物質(非意図的生成POPs)の削減に係る情報の共有化を目的として、東アジア諸国、米国及び関連国際機関の行政官及び専門家が参加し、非意図的生成POPsの削減対策に係る意見交換を行う予定です。
 ワークショップは非公開で行いますが、ワークショップ終了後、議論の概要を環境省ホームページにおいて公表する予定です。

1. 開催日時

平成21年3月9日(月)〜10日(火)

2. 開催場所

財団法人都道府県会館
〒102-0093  東京都千代田区平河町2-6-3

3.議題

  • 「各国における重要な発生源の特定とインベントリー作成・活用」
  • 「発生源対策に関する情報交換」
  • 「今後の取り組みに関する意見交換について」

4.参加国等(予定)

東アジア諸国、米国及び関連国際機関の行政官及び専門家

連絡先
環境省水・大気環境局総務課ダイオキシン対策室
代表:03-3581-3351
直通:03-5521-8291
室長:近藤 義行(内6532)
室長補佐:相澤 寛史(内6580)
担当:小村 知子(内6571)
担当:川合 良伸(内6579)

ページ先頭へ