報道発表資料

平成21年2月9日
地球環境
この記事を印刷

きれいで豊かな海を共に守るための日韓実務協議の開催結果について(お知らせ)

 きれいで豊かな海を共に守るための日韓実務協議が、2月6日(金)に韓国・釜山にて開催されました。協議において、日韓両国が、きれいで豊かな海を共に守るための協力を強化する方途につき建設的な意見交換を行い、今後も廃ポリタンク漂着問題の解消を含め、きれいで豊かな海を共に守るために一層積極的に協力していくことを確認しました。

  1. 1月11日の日韓首脳会談をふまえ、きれいで豊かな海を共に守るための日韓実務協議が、6日(金)、韓国・釜山にて開催された。
  2. 本協議には、日本側は赤堀毅外務省日韓経済室長、田中聡志環境省環境保全対策課長、韓国側はキム・ヒョウン外交通商部エネルギー気候変動課気候変動チーム長を代表とし、両国の外交、環境、海洋、水産当局者、地方自治体関係者、研究者などが出席した。
  3. 協議において、日韓両国が、きれいで豊かな海を共に守るための協力を強化する方途につき建設的な意見交換を行った。その中で、日本側より廃ポリタンク漂着問題の深刻な状況を説明し、専門的な分析もふまえ、この問題の原因及び対策につき突っ込んだ意見交換を行った。
  4. 日韓両国は、今後も廃ポリタンク漂着問題の解消を含め、きれいで豊かな海を共に守るために一層積極的に協力していくことを確認した。
連絡先
環境省地球環境局(旧)環境保全対策課
直通:03−5521−8245
課長:田中 聡志(内線6740)
担当:小沼 信之(内線6745)

ページ先頭へ