報道発表資料

令和元年11月11日
水・土壌
この記事を印刷

中央環境審議会水環境部会瀬戸内海環境保全小委員会(第19回)の開催について

令和元年11月25日(月)に中央環境審議会水環境部会瀬戸内海環境保全小委員会(第19回)を開催いたします。本会議は公開で行われますので、傍聴を希望される方は、下記の方法でお申込みください。
(11/22 18:00 最下部に資料を掲載しました。なお、資料2-2は当日配布します。)

1.開催日時

令和元年11月25日(月)15:30~17:30

2.開催場所

TKP虎ノ門駅前カンファレンスセンター ホール3A 

東京都港区虎ノ門1-4-3 NT虎ノ門ビル3階

3.議題

(1)関係機関等からのヒアリング結果等について

(2)「瀬戸内海における今後の環境保全の方策の在り方」に係る論点整理(案)について

(3)その他

4.公開に関する取扱い

(1)傍聴希望の方は、令和元年11月20日(水)17:00までに、電子メール又はファクスでお申込みください。お申込みの際には、件名に「水環境部会瀬戸内海環境保全小委員会(第19回)」と明記し、本文に住所、氏名、所属(勤務先)、電話番号、傍聴券の送付先(電子メールアドレス又はファクス番号等)を記入の上、5.の連絡先までお申込みください。電話でのお申込みはお受けできません。

(2)お申込みは傍聴希望者1人につき1通とし、傍聴希望者が傍聴可能人数を超過した場合には原則として先着順といたします。ただし、同一団体から多数の応募があった場合には調整させていただきます。

(3)電子メールで申し込まれた場合は返信メールを印刷したものを、ファクスで申し込まれた場合はこちらからの返信をそれぞれ傍聴券といたしますので、傍聴の際に御持参願います。傍聴の可否については、令和元年11月21日(木)18:00までに御連絡いたします。なお、当日は傍聴の受付に当たり、身分を証明するものを御提示いただく場合がございますので、あらかじめ御了承ください。万一、返信メール等が届かない場合は、5.の連絡先まで御一報くださるようお願いいたします。

(4)報道関係者の方は、お申込みの際に「報道関係者」と記載してください。また、カメラ撮りを希望される場合、その旨も併せて記載をお願いします(カメラ撮りは会議の冒頭のみとさせていただきます)。カメラ撮りに際しては、自社腕章を携帯していただくようお願いします。

(5)環境省では、環境負荷削減の観点から審議会等のペーパーレス化の取組を推進しています。審議会資料については、原則として令和元年11月22日(金)18:00 までに環境省ウェブサイトに掲載いたしますので、掲載された資料をお持ちのノートパソコン・タブレット等の端末に保存の上、当日御持参いただく等、ペーパーレス化への御協力をよろしくお願いいたします。なお、会場内には御利用いただける無線LAN のアクセスポイントはございませんので、会場から環境省ウェブサイトにアクセスし掲載された資料を閲覧される場合には、御自身で通信環境を用意していただくようお願いいたします。

環境省ウェブサイトへの掲載が令和元年11月22日(金)18:00までに行われなかった資料につきましては、当日会場で配布いたします。

なお、パソコンをお持ちでない等の理由で紙の資料を御希望の方は傍聴申込時に必ずお知らせください。

5.連絡先(事務局)

  中央環境審議会水環境部会瀬戸内海環境保全小委員会事務局

  環境省水・大気環境局水環境課閉鎖性海域対策室

  担当:丸山、佐藤

  E-mail : mizu-hesasei@env.go.jp

FAX : 03-3501-2717

添付資料

連絡先

環境省水・大気環境局水環境課閉鎖性海域対策室

  • 代表03-3581-3351
  • 直通03-5521-8317
  • 室長中野 哲也(内線 6502)
  • 室長補佐浜名 功太郎(内線 6503)
  • 室長補佐丸山 有紀(内線 6505)
  • 係長佐藤 文哉(内線 6508)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ