平成31年1月22日
自然環境

新宿御苑の一層の魅力向上に向けた取組について

新宿御苑の一層の魅力向上に向けた取組について

平成31年1月22日(火)

環境省では、今春より、新宿御苑の一層の活用に向けた新たな取組を順次実施していくこととしました。

具体的には、開園時間を延長し、旧洋館御休所(国指定重要文化財)の通年開館、レストラン、休憩所の施設の更新等をはじめとする快適な利用環境を整備するとともに、夜間イベント等への開放ルール策定や桜や紅葉のライトアップ等を実施し、国立公園や福島復興関連等の環境行政の情報発信の場としても活用してまいります。また、合わせて入園料の改定を行います。

新宿御苑は旧皇室苑地であり、都心にありながら広大で質の高い庭園として大きな価値を持っており、更なる質の向上や環境行政に関する情報発信を進め、来園者の満足度を高めることを目的として、御苑の一層の活用に向けた新たな取組を実施することとしました。

具体的には開園時間を延長し、旧洋館御休所(国指定重要文化財)の通年開館、レストラン、休憩所の施設の更新等をはじめとする快適な利用環境を整備するとともに、夜間イベント等への開放ルール策定や桜や紅葉のライトアップ等を実施し、国立公園や福島復興関連等の環境行政の情報発信の場としても活用してまいります。これらの魅力向上策を実施するとともに、更なる新宿御苑の質の向上とサービスの充実を継続的に図るため、入園料の改定も行います。取組に当たっては、新たに委嘱するアドバイザーや地域の意見を踏まえながら推進してくこととしています。

詳細は別添資料をご覧ください。

                        

環境省自然環境局総務課

  代  表 03-3581-3351

  課  長 永島 徹也(内 6410)

  課長補佐 馬場  清(内 6412)

専 門 官 相澤 和春(内 6414)

環境省自然環境局新宿御苑管理事務所

直  通 03-3350-0152

所  長 櫻井 洋一

科  長 石川 博貴

添付資料

連絡先

環境省自然環境局総務課国民公園係

  • 代表35813351
  • 直通6414
  • 国民公園専門官相澤和春(内線 6414)
  • 課長補佐馬場清(内線 6412)