報道発表資料

平成30年11月29日
再生循環
この記事を印刷

中央環境審議会循環型社会部会家電リサイクル制度評価検討小委員会 産業構造審議会産業技術環境分科会廃棄物・リサイクル小委員会電気・電子機器リサイクルWG 第37回合同会合の開催について

 12月10日(月)に、中央環境審議会循環型社会部会家電リサイクル制度評価検討小委員会、産業構造審議会産業技術環境分科会廃棄物・リサイクル小委員会電気・電子機器リサイクルWG 第37回合同会合を公開にて開催し、平成29年度の回収率の状況や、平成28年3月に策定した回収率目標達成アクションプランの進捗等について審議いただきます。

1.日時

  平成30年12月10日(月)14:00~16:30

2.場所

  大手町サンスカイルーム E室

  (東京都千代田区大手町2-6-1 朝日生命大手町ビル 24階)

3.議事(案)

(1)家電リサイクル法に基づくリサイクルの実施状況等について(報告事項)

(2)平成26年報告書に提言された取組のうち、回収率目標達成アクションプランの取組状況について

(3)平成26年報告書に提言された取組のうち、回収率目標達成アクションプラン以外の取組状況について

(4)家電リサイクルに関係するその他の動きについて

4.傍聴の手続等

(1)傍聴希望者は、12月5日(水)12時までに、以下のURLにアクセスいただき、当会議の開催案内ページから予約をお願いします。

 * 当会議の開催案内ページにある「傍聴予約を行う」というボタンをクリックしていただき、登録フォームにお進みください。

  https://wwws.meti.go.jp/interface/honsho/committee/index.cgi/committee

 * 経済産業省HPのトップページから、「審議会・研究会」→「開催案内」と進んでいただいてもアクセスできます。

(2)傍聴希望が多数あった場合には抽選により傍聴できる方を選定することといたしますので、あらかじめ御了承ください。

 抽選の有無に関わらず、傍聴可の方にのみ、12月6日(木)までに御連絡いたします。

(3)環境省では、環境負荷削減の観点から、審議会等のペーパーレス化の取組を推進していますので、当日の資料配布はいたしません。傍聴される方は環境省ホームページに掲載された資料を事前にお持ちのノートパソコン・タブレット等の通信端末にダウンロードするなど、御協力をお願いいたします。

 なお、会場内には御利用いただける無線LANのアクセスポイントはございませんので、会場から資料掲載ページにアクセスして資料を閲覧する場合には、御自身で通信環境を御用意いただくよう併せてお願いいたします。

 <資料掲載予定ページ>

  http://www.env.go.jp/council/03recycle/yoshi03-02.html

(4)当日は、開始時刻の30分前より開場いたします。会場への入場の際、身分を証明するものを御提示ください。

(5)傍聴者は、下記に掲げる事項を遵守してください。

 ・事務局の指定した場所以外の場所に立ち入ることはできません。

 ・携帯電話等の電源は呼び出し音が出ないようにして傍聴してください。

 ・審議中に、写真撮影、ビデオ撮影及び録音をすることはできません。

  (報道関係者の写真撮影等は、会議冒頭の頭撮りに限り可能です。)

 ・その他、事務局職員の指示に従うようお願いします。

(6)環境省においては、世界的な海洋プラスチック問題の解決に向け、使い捨てプラスチックの削減に取り組んでおります。このため、当小委員会の傍聴者においても、飲料を持参する場合はマイボトルを御持参いただくなど、プラスチック削減の趣旨に鑑みた取組の御協力をお願いいたします。

連絡先
環境省環境再生・資源循環局総務課リサイクル推進室
直通 03-5501-3153
代表 03-3581-3351
室長   冨安 健一郎 (内線6831)
室長補佐 今井 亮介  (内線6824)
担当   中根 大輔  (内線6804)
     髙橋 陽平  (内線7863)

ページ先頭へ