報道発表資料

平成20年12月25日
地球環境
この記事を印刷

「カーボン・オフセットに用いられるVER(Verified Emission Reduction)の認証基準に関する検討会(第7回)」の開催について(お知らせ)

  • カーボン・オフセット(※)の取組を広めるためには、カーボン・オフセットの取組について信頼性を構築する必要があります。本年2月にとりまとめた「我が国におけるカーボン・オフセットの在り方について(指針)」では、カーボン・オフセットに用いられるクレジットについては、確実な排出削減・吸収があること等の一定の基準を満たしていることを確保する仕組みが必要であるとしております。
  • 環境省では、本年3月より、「カーボン・オフセットに用いられるVER(Verified Emission Reduction)の認証基準に関する検討会」(VER検討会)を設置し、国内排出削減・吸収プロジェクトにより実現された温室効果ガス排出削減・吸収量をオフセット・クレジット(J-VER)として認証する制度について検討を重ね、去る11月14日に「オフセット・クレジット(J-VER)制度」を創設いたしました。
  • 本検討会では、引き続き、J-VER制度の認証基準等について検討する予定であり、次回の第7回検討会については下記のとおり開催いたします。
 自らの温室効果ガスの排出量を認識し、主体的に削減努力を行うとともに、削減が困難な部分について、他の場所で実現した排出削減・吸収活動等により、その排出量の全部又は一部を埋め合わせること。

1.日時

1月13日(火)15:00〜17:00

2.場所

虎ノ門パストラル アジュール
〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-1-1
http://www.pastoral.or.jp/access/index.php

3.議題

森林吸収ワーキンググループの検討状況報告等

4.傍聴

 傍聴を希望される方は、1月8日(木)17:00まで(厳守)に氏名、会社名、役職名、連絡先(TEL・FAX・電子メールアドレス)を、下記の問い合わせ先に電子メール又はFAXで御登録ください。メールの件名には必ず「VERの認証基準に関する検討会(第7回) 傍聴希望」と記載してください。
 なお、希望者多数の場合には当方にて調整させていただくこともございますので、予め御了承ください。傍聴をお断りする場合には、前日までにメールにて御連絡いたしますので、御注意ください。御登録がない場合には、傍聴をお断りする場合があります。
 また、マスコミ関係の方でカメラ撮影をご希望の方は別途担当者まで御連絡ください。冒頭のみカメラ撮り可とします。

○申込先:
三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
担当:平塚・小沼・峰島
TEL:03-6711-1243
FAX:03-6711-1289
電子メールアドレス:offset@murc.jp

個人情報の取扱いについて

 当検討会の傍聴受付は、環境省より委託を受け三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)が担当しております。傍聴希望者の情報は、当社及び環境省が当検討会の傍聴受付の整理の目的に限り利用します。ただし、個人情報に関しては当社が管理し、環境省へ提供することはありません。また、個人情報は当社の「個人情報保護方針(http://www.murc.jp/profile/privacy.html)」及び「個人情報の取扱について(http://www.murc.jp/profile/handling-privacy.html)」に従い適切に取り扱います。個人情報の取り扱いについてのお問い合わせは、<offset@murc.jp>までご連絡ください。

(参考)オフセット・クレジット(J-VER)制度について

 オフセット・クレジット(J-VER)制度については、下記の環境省HP及び気候変動対策認証センター(事務局:社団法人海外環境協力センター)HPを御覧ください。

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課市場メカニズム室
直通:03-5521-8354
代表:03-3581-3351
室長:高橋 康夫(6737)
担当:吉崎 仁志(6785)
担当:泉 勇気(6041)

ページ先頭へ