報道発表資料

平成30年3月27日
廃棄物
この記事を印刷

アジア太平洋3R推進フォーラム第8回会合の開催について

 環境省は、インド住宅都市省及び国際連合地域開発センター(UNCRD)と共催で、4月10日~12日に、インドール(インド)において、「アジア太平洋3R推進フォーラム第8回会合」を開催します。
 同会合は、アジア太平洋地域における3Rに関するハイレベルの政策対話の促進、3R推進に役立つ制度や技術の情報共有等を目的としており、今回の会合では、「3Rと資源効率性を通じたきれいな水、土地、大気の実現―アジア太平洋地域の21世紀ビジョン」をテーマとして議論を行います。

1.背景

アジア太平洋3R推進フォーラムは、アジア各国における3Rの推進による循環型社会の構築に向け、2008年の東アジア首脳会議(EAS)環境大臣会合において我が国が設立を提唱し、2009年に設立されました。

3Rに関するハイレベルの政策対話の促進、各国における3R関連プロジェクトの実施促進、3R推進に役立つ制度や技術の情報の共有、関係者のネットワーク化等を目的としており、環境省は、国連地域開発センター(UNCRD)、開催国政府とともに毎回主催者となっています。

2.本会合の概要

・日程: 平成30年4月10日(火)~12日(木)

・場所:インド マディヤ・プラデーシュ州 インドール市

  (会場:ブリリアントコンベンションセンター)

・主催:日本国環境省、インド住宅都市省、UNCRD

・参加者:政府、国際機関、研究機関、援助機関、民間企業、NGO等

・テーマ:「3Rと資源効率性を通じたきれいな水、土地、大気の実現―アジア太平洋地域の21世紀ビジョン」

アジア太平洋3R推進フォーラム第8回会合プログラム(予定)

○4月10日(火)

9:00 - 10:30 開会式

10:30 - 11:00 基調講演

11:00 - 11:30 写真撮影、3R国際企業展示会開会式

11:50 - 13:20 全体セッション1:3Rときれいな水―水質汚濁低減における循環経済の役割

13:20 - 14:20 ランチ

14:20 -15:50 全体セッション2:3Rときれいな土地―土壌汚染対策における循環経済の役割

15:50 - 16:05 休憩

16:00 - 17:30 全体セッション3:3Rときれいな大気―大気汚染対策における循環経済の役割

○4月11日(水)

9:00 - 9:30 基調講演

9:30 - 10:40 全体セッション4: 沿岸及び海洋生態系保護のための3R

10:40 - 11:00 休憩

11:00 -12:30 全体セッション5: 中小企業の取組と国全体の生産性―循環経済の役割

12:30 - 14:00 ランチ

14:00 - 15:30 国別分科会:ハノイ3R宣言実施についての各国からの報告

15:30 - 15:45 休憩

15:45 - 17:15 全体セッション6: 資源の安全保障と3R技術

18:00 - 18:45 3R白書刊行

18:45 - 19:15 国別分科会の結果報告

19:15 - 20:15 各国市長級・市当局による「インドール3R宣言」へのサイン

○4月12日(木)

9:00 - 10:00 全体セッション7: 3Rに対するファイナンス― 国内及び国際的投資

10:00 -11:15 ラウンドテーブル:アジア太平洋地域における3R推進のための官民連携

11:30 - 13:00 全体セッション8: 議長サマリーの採択

13:00 - 13:30 閉会式

15:00 - 19:00 フィールドトリップ

○サイドイベント

・4月9日(月) 15:00-18:00 Swachh Bharat(クリーンインディア・ミッション)のためのナショナル3Rデイ

・4月10日(火) 14:20-16:20 陸地から発生する海洋ごみのリサイクル: 南アジア地域における挑戦と機会 

・4月11日(水) 9:00-20:15 3Rと資源効率性を通じたきれいな水、土地、大気の実現に向けた、アジア市長間政策対話

・4月11日(水) 15:00-18:00 アジア3R市民社会イベント

・4月10日(火)~12日(木) 3R国際企業展示会

連絡先
環境省 環境再生・資源循環局
総務課 循環型社会推進室
直通:03-5521-8336
代表:03-3581-3351
企画官:長谷川 敬洋   
室長補佐:栗栖 雅宜 (内線 6814)
担当:草場 孝仁 (内線 7880)

ページ先頭へ