報道発表資料

平成20年10月7日
保健対策
この記事を印刷

「石綿による健康被害に係る医学的事項に関する検討会」(第1回)の開催について

環境省では、石綿による健康被害の救済に関する法律(平成18年法律第4号)に基づく救済制度について医学的な検証を行うため、平成20年10月21日(火)に、第1回石綿による健康被害に係る医学的事項に関する検討会を開催します。なお、会議は公開で行われます。

1.検討会開催の目的

石綿による健康被害の救済に関する法律(平成18年法律第4号)において、同法の施行後5年以内に、施行の状況について検討を加え、その結果に基づいて必要な見直しを行うこととされている。
この一環として、石綿による健康影響に係る医学的事項について、専門的見地から検討を行うため、本検討会を開催する。(検討会メンバーは、別紙1のとおり。)

2.検討会の概要

会議名:
石綿による健康被害に係る医学的事項に関する検討会(第1回)
日時:
平成20年10月21日(火)18:00〜20:00
場所:
中央合同庁舎第4号館全省庁共用1214特別会議室
東京都千代田区霞が関3−1−1
議題
  • (1)石綿による健康被害の救済の現状について
  • (2)検討の進め方について
  • (3)その他

3.傍聴について

(1)
 傍聴希望の方は、平成20年10月15日(水)(必着)までに、電子メール又はFAXで、「石綿による健康被害に係る医学的事項に関する検討会傍聴希望」と明記し、氏名、住所、電話番号、所属団体又は勤務先、傍聴券の送付先(電子メールアドレス又はFAX番号)を記入の上、下記の傍聴連絡先までお申し込みください。申込みは傍聴希望者1人につき1通といたします。なお、傍聴可能人数は30名を予定しており、傍聴希望者が傍聴可能人数を超えた場合には、抽選により傍聴者を決定させていただきます。
(2)
 傍聴の可否の結果は、10月16日(木)に申し込み者全員に対して電子メール又はFAXの返信によりお知らせいたします。
(3)
 電子メールで申し込まれた方は、当方からの返信メールを印刷したものを、FAXで申し込まれた方は当方からの返信FAXを傍聴券といたしますので、傍聴の際には必ず御持参願います。なお、当日は、傍聴の受付に当たり、身分を証明するものを御提示していただく場合がございますので、あらかじめ御了承下さい。
(4)
 当日取材を希望される報道関係者につきましても、下記連絡先に、平成20年10月15日(水)までに(1)の記入事項について事前登録を行って下さい。また、カメラ撮りを希望される場合、その旨も併せて登録をお願いします。(カメラ撮りは冒頭のみとさせていただきます。)
(5)
 傍聴される方は、別紙2に掲げる事項を遵守してください。遵守されない場合には、ご退場いただく場合があります。
(6)
傍聴連絡先 環境保健部石綿健康被害対策室
東京都千代田区霞が関3−1−1 中央合同庁舎第4号館1204号室
TEL:03−3581−3351(内線6384)佐々木、横川、安保
FAX:03−5510−0122
電子メール:Ishiwata@env.go.jp

添付資料

連絡先
環境省総合環境政策局環境保健部健康被害対策室石綿健康被害対策室
室長:泉 陽子(内6381)
室長補佐:佐々木孝治(内6387)
係長:横川 晶人(内6384)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ