平成28年5月13日
地球環境

「地球温暖化対策計画」の閣議決定について

 COP21で採択されたパリ協定や昨年7月に国連に提出した「日本の約束草案」を踏まえ、我が国の地球温暖化対策を総合的かつ計画的に推進するための計画である「地球温暖化対策計画」が本日閣議決定されました。 
 計画では、2030年度に2013年度比で26%削減するとの中期目標について、各主体が取り組むべき対策や国の施策を明らかにし、削減目標達成への道筋を付けるとともに、長期的目標として2050年までに80%の温室効果ガスの排出削減を目指すことを位置付けており、我が国が地球温暖化対策を進めていく上での礎となるものです。
 併せて、平成28年3月15日(火)から4月13日(金)に実施した「地球温暖化対策計画(案)」に対する意見募集(パブリックコメント)の結果についてお知らせいたします。

1.背景

 平成27年7月17日に開催した地球温暖化対策推進本部において、2030年度の温室効果ガス削減目標を、2013年度比で26.0%減(2005年度比で25.4%減)とする「日本の約束草案」を決定し、同日付で国連気候変動枠組条約事務局に提出しました。

 また、同年12月にフランス・パリで開催されたCOP21では、全ての国が参加する公平で実効的な2020年以降の法的枠組みとして「パリ協定」が採択されました。

 パリ協定の採択を受け、政府は同年12月22日に開催した地球温暖化対策推進本部において「パリ協定を踏まえた地球温暖化対策の取組方針について」を決定し、「地球温暖化対策計画」を策定することといたしました。

 その後、中央環境審議会・産業構造審議会の合同会合を中心に検討を進め、平成28年3月15日に開催した地球温暖化対策推進本部において「地球温暖化対策計画(案)」を取りまとめ、パブリックコメントを行いました。

 パブリックコメントを踏まえた「地球温暖化対策計画(閣議決定案)」について本日持ち回りで地球温暖化対策推進本部を開催して了承し、本日、「地球温暖化対策計画」が閣議決定がされました。

2.「地球温暖化対策計画」の概要(詳細は別添資料1)

(1)地球温暖化対策の総合的かつ計画的な推進を図るため、地球温暖化対策推進法第8条に基づいて策定する、我が国唯一の地球温暖化に関する総合計画です。

(2)温室効果ガスの排出抑制及び吸収の量の目標、事業者、国民等が講ずべき措置に関する基本的事項、目標達成のために国、地方公共団体が講ずべき施策等について記載しております。

3.意見募集(パブリックコメント)の結果概要(詳細は別添資料2)

(1)意見募集対象

 「地球温暖化対策計画(案)」

(2)意見募集期間

 平成28年3月15日(火)から平成28年4月13日(水)

(3)意見件数

 244件

添付資料

連絡先
環境省地球環境局総務課低炭素社会推進室
室  長:関谷 毅史(内線:6740)
室長補佐:安田 將人(内線:6738)
担  当:久保満希子(内線:6705)