報道発表資料

平成20年9月29日
再生循環
この記事を印刷

地方環境事務所による廃棄物等の不法輸出入監視に係る取組の強化のための斉藤環境大臣の横浜税関への訪問について(お知らせ)

 近年、アジア各国の急速な経済成長による資源需要の増大を背景に、循環資源の国際移動が活発化しており、それとともに、不法に廃棄物等を輸出しようとして顕在化する事例が増加してきています。このような状況を踏まえ、斉藤環境大臣が、来月10月の「リデュース・リユース・リサイクル推進月間」の一環として、税関の協力の下で地方環境事務所による廃棄物等の不法輸出入監視に係る取組の強化を図るため、9月30日(火)に横浜税関を訪問します。

1.斉藤環境大臣の訪問行程

○日時:
平成20年9月30日(火)14:30〜16:00 (予定)
○訪問先:
横浜税関

2.取材について

○別紙「取材申込書」に必要事項を記入のうえFAXにてお申し込みください。
(締め切り:平成20年9月29日(月) 17:00 必着)
 冒頭から取材される場合は、概況説明の頭撮り撮影後退席いただき、麻薬探知犬デモンストレーションの見学の前まで、約1時間程度お待ちいただくことになりますので、予めご了承ください。
訪問先のスペースの都合上先着15名程度とさせていただきます。
必ず自社腕章を装着していただきますようお願いいたします。
税関では、取材、撮影の制限がございますので予めご了承ください。制限内容等につきましては、横浜税関及び当省職員の指示に従ってください。

添付資料

連絡先
環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部産業廃棄物課適正処理・不法投棄対策室
直通:03-5501-3157
代表:03-3581-3351
室長:荒木 真一(内線:6881)
担当:福井 和樹(内線:6886)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ