報道発表資料

平成27年12月10日
自然環境
この記事を印刷

平成27年度第2回生物多様性影響評価検討会総合検討会の開催及び傍聴について(お知らせ)

 「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」(カルタヘナ法)に基づき、遺伝子組換え生物の第一種使用等について学識経験者から意見を聴取するため、標記総合検討会を以下のとおり開催します。

1 日時

 平成27年12月21日(月)13:30~

(検討会は、議事が終わり次第終了)

2 場所

 農林水産省本館6階 農林水産技術会議委員室(ドア番号 本678)

 東京都 千代田区 霞が関1丁目2番1号

3 議題 

(1)第一種使用規程の承認に係る申請書等の検討について

 (検討予定案件)

[1]隔離ほ場での栽培についての検討

・スギ花粉ポリペプチド含有イネ(OsCr11)

[2]食用又は飼料用のための使用等についての検討

・チョウ目害虫抵抗性並びに除草剤ジカンバ、グルホシネート及びグリホサート耐性ワタ(COT102×15985×MON88701×MON88913)

・チョウ目害虫抵抗性並びに除草剤アリルオキシアルカノエート系及びグルホシネート耐性ワタ((281×3006)×COT102×DAS1910)

・チョウ目害虫抵抗性並びに除草剤アリルオキシアルカノエート系、グルホシネート及びグリホサート耐性トウモロコシ(MON89034×B.t. Cry1F maize line 1507×NK603×MIR162×DAS40278)

[3]隔離飼育区画での飼育についての検討

・青色蛍光タンパク質含有絹糸生産カイコ(GN13×GCS13)

・橙色蛍光タンパク質含有絹糸生産カイコ(GN2×GCS2)

(2)その他

4 公開(傍聴)

(1)傍聴可能人数 10名程度(希望者多数の場合は抽選を実施)

(2)申込要領

・詳細については、別紙を御参照ください。

・はがき、封書、FAX又はインターネットにてお申し込みください。

 (電話でのお申し込みは御遠慮ください。)

・申込締切日は平成27年12月17日(木)(必着)です。

・申込者多数の場合は抽選を行います。傍聴の可否については、12月18日(金)までに御連絡いたします。

・傍聴に当たっては、別紙の「傍聴される方の留意事項」を遵守願います。

(3)その他

・報道関係者の冒頭カメラ撮りは可能です。

5 お問い合わせ先 

  環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室

  担当者 立田、平山

  直通:03-5521-8344

  代表:03-3581-3351(内線6683)

添付資料

連絡先
環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室
(代表:03-3581-3351)
(直通:03-5521-8344)
室  長:曽宮 和夫 (内:6680)
室長補佐:立田 理一郎(内:6681)
担  当:平山 宗幸 (内:6683)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ