報道発表資料

平成27年10月9日
地球環境
この記事を印刷

Let's COOL CHOICE!高効率照明(LED等)の普及促進施策について~あかりをかえれば未来がかわる。~

環境省では、関係省庁をはじめ様々な企業・団体・自治体等と連携しながら、省エネ・低炭素型の「製品」「サービス」「行動」など、温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」を促す新しい国民運動「COOL CHOICE」を7月1日から開始しています。
現在、環境省では、地球温暖化対策及び節電のために、家庭や業務部門等で使用される照明製品に関して、LED照明等高効率な照明製品への切替えが進むよう関連省庁や関連団体と連携しながら推進していますが、省エネ性能に優れたLED照明等高効率な照明製品への切替えを行うことも「COOL CHOICE」(賢い選択)のひとつです。
この度、「COOL CHOICE」の更なる認知向上を図り、身近な生活のなかで、未来のために、今選択できるアクションのひとつとして高効率照明への切替えの普及啓発を行うため、下記のような連携施策を実施することとしましたのでお知らせします。

1.「あかりの日」(「あかりの日」委員会)との連携について

 「あかりの日」委員会(一般社団法人 日本照明工業会、一般社団法人 日本電気 協会、一般社団法人 照明学会)では、「住まいの照明 省エネBOOK」の発行や、10月21日の「あかりの日」に因んだ全国街頭PRの実施、全国小学生ポスターコンテストの開催など、あかりへの関心を高める様々な啓発活動を推進しています。

 環境省は、10月21日を中心とする「あかりの日」の啓発活動と連携し、LED等高効率照明普及促進に向けた情報発信を行います。

(1)「第15回『あかりの日』全国小学生ポスターコンテスト 表彰式」との連携

 「あかりの日」委員会では、10月21日「あかりの日」に因んで、照明のもつ意義をあらためて認識するとともに、正しい照明知識の普及と啓発活動推進の一環として、毎年「あかりの日」全国小学生ポスターコンテストを開催しています。10月17日(土)には、全国から応募があった241点の中から選ばれた最優秀賞受賞者を招き、表彰式を実施します。

 環境省では、本イベント会場でパネル展示やチラシ設置など、「COOL CHOICE」のコンセプトや一人ひとりができる「賢い選択」について伝えるコンテンツを展開します。

■「第15回『あかりの日』全国小学生ポスターコンテスト 表彰式」開催概要

【日時】 10月17日(土) 13:00~13:15

    ※優秀作品の展示については、1週間実施します。

    ※表彰式の前後には、親子LED工作教室を実施します。

【場所】 東芝未来科学館 

     神奈川県川崎市幸区堀川町72番地34

     スマートコミュニティセンター(ラゾーナ川崎東芝ビル)2F

【主催】 あかりの日委員会

(一般社団法人 日本照明工業会、一般社団法人 日本電気協会、一般社団法人 照明学会)

※詳細については、公式HP(http://akarinohi.jp/)を御覧ください。


<今年度の「あかりの日」の告知ポスター>

あかりの日ポスター

※「あかりの日」の活動の一環として、昨年の全国小学生ポスターコンテストで最優秀賞に輝いた、愛知県小学6年生(当時)小宮山 舞子さんの作品をベースにしたポスターを作成し、連携団体・企業において掲出しています。

(2)「『あかりの日』全国街頭PR」との連携

10月21日(水)「あかりの日」に、電球形LEDランプ、「住まいの照明 省エネBOOK 2015年度版」、アンケートはがきなどを入れた「照明お役立ちセット」を、全国主要都市街頭にて配布します。アンケートに回答された方の中から抽選で100名の方にLED照明を贈呈します。(アンケートは、「あかりの日」ホームページからも回答できます。)

環境省では、「照明お役立ちセット」の中に、「COOL CHOICE」のコンセプトや一人ひとりができる「賢い選択」について伝えるチラシを提供します。

(3)「住まいの照明 省エネBOOK 2015年度版」の作成と配布

省エネ・快適・便利なLED照明の種類・特長・選び方のポイントについて、図解入りでわかりやすく紹介する「住まいの照明省エネBOOK 2015年度版」を作成し配布しています。

表紙には「COOL CHOICE」のロゴを掲出し、LED照明を選択することが「賢い選択」であることを訴求しています。


<パンフレットの表紙>

あかりの日パンフレット

2.「Turn the World UN Blue(世界の名所を国連ブルーに)」との連携について

 国際連合は、10月24日の国連デーに創設から70年を迎えるにあたり、アメリカ・ニューヨークの国連本部ビルやエンパイア・ステート・ビル、ブラジル・リオデジャネイロのマラカナン・スタジアム、デンマーク・コペンハーゲンの人魚姫の像、日本の東京スカイツリーなど、世界ならびに日本各地のランドマークが国連のシンボル・カラーの青色に染まる「Turn the World UN Blue(世界の名所を国連ブルーに)」キャンペーンを実施します。

■「Turn the World UN Blue(世界の名所を国連ブルーに)東京スカイツリー点灯イベント」開催概要

【日時】  10月24日(土)17:00~17:30 

【場所】  東京スカリツリー4階 スカイアリーナ (東京都墨田区押上1丁目1-2)

【主催】  国連広報センター

【後援】  外務省、フランス大使館 

【特別協力】 環境省

【協力】  東武鉄道株式会社、東武タワースカイツリー株式会社、東武タウンソラマチ株式会社、日本テレビ放送網株式会社

【内容】

 今年、国連は環境に配慮しながら2030年までに貧困をこの世からなくすための「持続可能な開発のための2030アジェンダ」を採択するとともに、地球温暖化を2度未満に抑え、安心して暮らすことのできる地球を将来世代につなげていくために気候変動の法的枠組みについて合意することを目指しています。

 これからの世界を左右する歴史的な年の国連デーを、世界各地の名所を平和・人権・開発の象徴である国連ブルーに染めて、世界中の人々と連帯して祝います。

 環境にやさしい青色発光ダイオード(LED)でライトアップされる東京スカイツリーでの点灯式は、12月にフランスのパリで行われるCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)についてアピールするキックオフとなります。

 来賓ご挨拶のほか、お天気キャスターの木原 実さんとそらジローによる地球温暖化対策で私たちにできることについてのトークや、東京スカイツリーの点灯をカウントダウンで行います。

■環境省の展開内容

 環境省では、本キャンペーンの日本でのメイン会場となる東京スカイツリーでの点灯イベントに特別協力し、「COOL CHOICE」ならびにLED等高効率照明の普及促進に向けた情報発信を行います。

連絡先
環境省地球環境局地球温暖化対策課国民生活対策室
(代表:03-3581-3351)
(直通:03-5521-8341)
室  長 :伊藤 賢利(内:7740)
室長補佐 :長谷川 学(内:6725)
係  長 :河原  徹(内:6792) 
担  当 :谷口 加奈(内:6793)

ページ先頭へ