報道発表資料

平成27年10月9日
総合政策
この記事を印刷

地域の「ヒト・自然・つながり」(=場の力)による、活気ある地域づくりを考えます。「第3回グッドライフアワード」シンポジウム&表彰式の開催について

 環境省では、「環境と社会によい活動」を募集・表彰・応援する「グッドライフアワード」を実施しており、この度、12月11日(金)に「第3回グッドライフアワード」シンポジウム&表彰式を開催します。
 当日は、地域プロデューサーである山崎亮氏、「里海資本論」の著者である井上恭介氏ほか著名なゲストをお招きし、「自然環境等の地域資源をいかした持続可能な社会づくり~「場の力」(人・自然環境・ネットワーク)をいかした先進事例を参考として、今後の地方創生を考える~」を語るディスカッション等を行います。
 ウェブサイトで参加申込みを受け付けていますので、ぜひ御参加下さい!(入場無料、先着順)
 (http://www.env.go.jp/policy/kihon_keikaku/goodlifeaward/)

1.「グッドライフアワード」について

 本アワードは、持続可能な社会の実現を目指し、一人一人が現在のライフスタイルを見つめ直すきっかけを作るため、"環境と社会によい暮らし"やこれを支える取組(ボランティア活動、サービス・技術など)を募集・応援する事業です。

 本事業では、環境と社会によい取組を募集し、募集した取組の中から実行委員会において、環境大臣賞最優秀賞候補を10取組選定します。その後、選ばれた10取組は、国民投票等の結果を踏まえ、最優秀賞等として選定し、表彰式において発表します。

2.シンポジウム&表彰式について

 「第3回グッドライフアワード」の表彰式と併せ、著名なゲストをお招きして、「自然環境等の地域資源を  いかした持続可能な社会づくり~「場の力」(人・自然環境・ネットワーク)をいかした先進事例を参考として、今後の地方創生を考える~」を語るディスカッション等を行うシンポジウムを実施します。

 また、環境大臣賞受賞者による取組のプレゼンテーションで内容や成功のポイントを紹介いただきます。

3.開催日時

 平成27年12月11日(金) 13:00~16:00(予定)

 ※ エコプロダクツ2015と同時開催

4.開催場所

 東京ビッグサイト レセプションホール(会議棟1階)(東京都江東区有明3-11-1)

5.プログラム(予定)

 司会(敬称略):谷中修吾(ビジネスクリエイター)

 ○開会式

 ○事業紹介

 ○ディスカッション

「自然環境などの地域資源を活用した持続可能な地域づくり」 ~「場の力」(人・自然環境・ネットワーク)をいかした先進事例を参考として、今後の地方創生を考える~

 【出演者(敬称略)】

山崎亮  (studio-L代表 東北芸術工科大学教授)

井上恭介 (NHKエンタープライズエグゼクティブプロデューサー)

松嶋匡史 ((株)瀬戸内ジャムズガーデン代表取締役)

栗山奈津子(あきた森の宅配便代表取締役 前回グッドライフアワード環境大臣賞最優秀賞受賞者)

猪野全代 (NPO法人英田上山棚田団代表 前回グッドライフアワード環境大臣賞グッドライフ特別賞受賞者)

○「第3回グッドライフアワード」環境大臣賞受賞取組の紹介(環境大臣賞受賞者による取組のプレゼンテーション)

○「第3回グッドライフアワード」環境大臣賞 表彰式

  (最優秀賞:1取組、優秀賞:3取組、グッドライフ特別賞:6取組)

○閉会式

※「第3回グッドライフアワード」に応募のあった取組について、同会場において、ポスター展示を行いますので、こちらも是非御覧ください。

※プログラムの詳細については、ウェブサイトを御覧下さい。

 (http://www.env.go.jp/policy/kihon_keikaku/goodlifeaward/symposium

6.参加申し込み方法

 ウェブサイト上の応募フォームにてシンポジウムの参加者を受け付けていますので、是非お申し込み下さい。

 (https://ssl.goodlifeaward.jp/symposium/

 ※入場無料、先着順

7.質問・問合せ先

 グッドライフアワード実行委員会 事務局

 TEL :03-6804-3858 (平日9:30~17:30)

 Mail:info@goodlifeaward.jp

添付資料

連絡先
環境省総合環境政策局環境計画課
計 画 官:小堀 幸一(内線6227)
課長補佐:迫田 健吉(内線6274)
係  長:東村 翔吾(内線6224)
担  当:佐野 龍一(内線6280)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ