平成27年6月22日
自然環境

第34回温泉関係功労者表彰について(お知らせ)

環境省では、平成27年7月10日(金)に、温泉の保護、温泉の採取等に伴い発生する可燃性天然ガスによる災害の防止及び温泉の適正利用に関し、特に顕著な功績のあった9名(詳細は別紙参照)を温泉関係功労者として表彰します。

1.趣旨

温泉の保護、温泉の採取等に伴い発生する可燃性天然ガスによる災害の防止及び温泉の適正利用に関し、特に顕著な功績のあった者に対して、その功績をたたえるために、昭和57年度から環境大臣表彰を行っているもので、今回は第34回目となります。

2.対象者

(1)多年にわたり温泉の保護、温泉の採取等に伴い発生する可燃性天然ガスによる災害の防止及び温泉の適正利用に関し普及啓発活動を行い、顕著な功績があった者

(2)温泉の保護、温泉の採取等に伴い発生する可燃性天然ガスによる災害の防止及び温泉の適正利用に関する学術研究に従事し、又は研究開発を行い、顕著な功績があった者

(3)温泉行政の推進に顕著な功績があった者

3.日時

  平成27年7月10日(金)15:00~15:30

4.式典会場

  環境省第1会議室(中央合同庁舎5号館22階)

5.表彰式の取材について

表彰式は報道機関に公開で行います。入場希望の方は、7月3日(金)までに、下記申込先まで電子メール又はFAXにてお申し込みください。

【申込先】環境省自然環境局自然環境整備担当参事官室 永井、楠本

(電子メール:shizen-seibi@env.go.jp  FAX:03-3595-0029)

※メールタイトル、FAXに「温泉関係功労者表彰取材希望」と記載ください。

(申込内容:会社名、氏名、連絡先、テレビカメラの有無)

※ 当日入場される際は、自社の腕章を着用し、受付をしていただいた上、担当者の指示に従ってください。

添付資料

連絡先
環境省自然環境局自然環境整備担当参事官室
環境省自然環境局自然環境整備担当参事官室
代表:03-3581-3351
直通:03-5521-8280
参事官:高木 治夫(内線6450)
参事官補佐:永井 大(内線6459)
担当:楠本 浩史(内線6458)