平成27年4月9日
自然環境

地球規模生物多様性概況第4版(GBO4)日本語版の作成について(お知らせ)

 環境省では、今般、生物多様性戦略計画2011-2020及び愛知目標の達成状況について分析した『地球規模生物多様性概況第4版』(昨年10月に公表)の日本語版を作成し、ウェブサイトに掲載しましたのでお知らせします。

1.内容

 地球規模生物多様性概況第4版(Global Biodiversity Outlook 4, GBO4)は、各国の国別報告書、生物多様性国家戦略、既存の生物多様性に関する研究やデータから、生物多様性戦略計画2011-2020 及び愛知目標(※)の達成状況及び今後の達成見込みについて分析した報告書です。

 昨年10月に開催された生物多様性条約第12 回締約国会議(COP12)で議論された、戦略計画及び愛知目標の中間評価に関する基礎資料となったもので、会議期間中に、生物多様性条約事務局(カナダ、モントリオール)により公表されました。

 GBO4では、ほとんどの愛知目標の要素について達成に向けた進捗が見られたものの、生物多様性に対する圧力を軽減し、その継続する減少を防ぐための緊急的で有効な行動がとられない限り、そうした進捗は目標の達成には不十分であると結論づけられ、現時点で達成が見込まれるのは愛知目標11(陸域の保護地域面積)、16(名古屋議定書)及び17(生物多様性国家戦略の改定)のみという結果でした。

※ 愛知目標

 平成22 年の生物多様性条約第10 回締約国会議(COP10、愛知県名古屋市)にて、生物多様性に関する 2011 年以降の新たな世界目標として採択されました。詳細は別紙をご参照ください。

2.活用方法

 GBO4は、国際的な生物多様性の状況や、保全と持続可能な利用の取組が概観できる内容となっており、生物多様性について議論する上での基礎資料です。

 GBO4日本語版が、地方公共団体が策定する「生物多様性地域戦略」に関する施策の進捗状況や、目標の達成状況を点検・評価する際の参考としてご活用いただく等、生物多様性の保全と持続的な活用に関する施策推進の一助となれば幸いです。

3.入手方法

 環境省ウェブサイトからダウンロードできます。

 生物多様性条約事務局ウェブサイトには、低・高解像度版があり、それぞれ一括してダウンロードすることが可能です。

添付資料

連絡先
環境省自然環境局自然環境計画課生物多様性地球戦略企画室
(代表:03-3581-3351)
(直通:03-5521-8275)
室長  :奥田 直久 (内:6480)
室長補佐:八元  綾  (内:6482)
担当  :鮫島茉利奈 (内:6486)