報道発表資料

平成27年2月9日
自然環境
この記事を印刷

第6回世界国立公園会議国内報告会の開催について(お知らせ)

 環境省は、「第6回世界国立公園会議国内報告会」を、平成27年2月24日(火)に、国連大学にて開催します。

1.目的

 平成26年11月12日から19日にかけて、豪州・シドニーにおいて開催された「第6回世界国立公園会議」の議論や成果について、会議にご出席された専門家の方々から報告いただくとともに、会議の成果を踏まえた取組について意見交換を行うために開催するもの。

2.日時

 2月24日(火) 15:00~18:00

3.場所

 国際連合大学(東京都渋谷区) 5階 コミッティールーム2/3

4.主催

 環境省

5.共催

 国連大学サステイナビリティ高等研究所、地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)

6.参加費

 無料

7.参加申込み

 国連大学のホームページ(以下)からお申込みください。
 (http://connections.unu.edu/civicrm/event/register?id=221&reset=1

8.内容

 ○ 全体報告
    熊谷 嘉隆 (国際教養大学 教授)
 ○ 会議に出席された専門家による報告
    吉田 正人 (筑波大学 教授)
    山本 清龍 (岩手大学 准教授)
    長倉 恵美子(日本国際湿地保全連合)
    伊藤 弘  (筑波大学 准教授)
    土屋 俊幸 (東京農工大学 教授)
    安部 真理子(日本自然保護協会)
    佐藤 真耶 (IUCN日本委員会)
    海津 ゆりえ(文教大学 教授)
    古田 尚也 (IUCN日本プロジェクトオフィス)
 ○ 自由討議

9.参考(第6回世界国立公園会議の概要)

 ◎第6回世界国立公園会議の概要
  期間:平成26年11月12日(水)~19日(水)
  開催地:豪州・シドニー
  主催:国際自然保護連合(IUCN)
  参加者:各国大臣や行政機関、国際機関、民間企業、研究者、NGOなど
      170か国以上から6000人以上
  主な成果:
   ○「シドニーの約束(The Promise of Sydney)」
     保護地域の在り方について、今後10年間の方向性を示した提言
   ○アジア保護地域パートナーシップ(Asia Protected Areas Partnership)の設立
     保護地域に関するアジアの連携を推進するための枠組みを、我が国主導で発足

連絡先
環境省自然環境局国立公園課
代表  :03-3581-3351
直通  :03-5521-8277
課長  :岡本 光之 (内:6440)
課長補佐:手島 裕明 (内:6444)
担当  :前田 尚大 (内:6442)

ページ先頭へ