報道発表資料

平成20年8月1日
自然環境
この記事を印刷

鳥インフルエンザ等野鳥に係る専門家グループ会合及び感染経路等調査 ワーキンググループ会合合同会議の開催について(お知らせ)

環境省では、標記会合を8月6日(水)に開催することとしましたのでお知らせします。

 秋田県十和田湖等で回収されたオオハクチョウから高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを踏まえ、「鳥インフルエンザ等野鳥に係る専門家グループ」と「感染経路等調査ワーキンググループ」との合同会合を開催することとしましたのでお知らせします。

1.日時

平成20年8月6日(水)14:00〜17:00

2.場所

航空会館603号室(東京都港区新橋1−18−1) 

3.委員名簿(五十音順)

鳥インフルエンザ等野鳥に係る専門家グループ
伊藤壽啓
鳥取大学教授
金井裕
(財)日本野鳥の会主任研究員
茂田良光
(財)山階鳥類研究所主任研究員
樋口広芳
東京大学大学院教授
山田章雄
国立感染症研究所獣医科学部長
注)上記専門家グループには座長を置いていない。
○感染経路等調査ワーキンググループ
※伊藤 壽啓
鳥取大学教授
金井 裕
(財)日本野鳥の会主任研究員
迫田 義博
北海道大学大学院准教授
樋口 広芳
東京大学大学院教授
西藤 岳彦
(独)農業・食品産業技術総合研究機構
動物衛生研究所主任研究員
米田久美子
(財)自然環境研究センター研究主幹
(※印は座長)

4 検討事項

  1. 感染経路等調査報告書(案)について
  2. 野鳥におけるサーベイランスについて
  3. 野鳥の高病原性鳥インフルエンザ発生の対応マニュアル(案)について

添付資料

連絡先
環境省自然環境局野生生物課鳥獣保護業務室
電話 03-5521-8285(直通)
03-3581-3351(代表)
課長:星野一昭(6460)
室長:吉野示右(6470)
補佐:柴田泰邦(6471)
専門官:徳田裕之(6473)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ