中環審第111号 
平成9年6月9日 


内閣総理大臣
   橋 本 龍太郎 殿


中央環境審議会会長   
    近 藤 次 郎 

環境基本計画の進捗状況の第2回点検結果について(報告)

 環境基本計画の第4部「計画の効果的実施」の第5節「計画の進捗状況の点検及び見直し」の規定に基づき、当審議会は、環境基本計画策定後の施策の進捗状況等を点検し、今後の政策の方向について、別添のとおり結論を得たので報告する。
 点検に当たっては、国の施策の進捗状況のみならず、環境基本計画に沿って、地方公共団体、事業者、国民等の社会を構成する各主体が行っている取組について調査するとともに、国民各界各層に対する公開のヒアリング、郵便・FAX等による意見の受付を行った。
 本年は、国連環境開発特別総会、地球温暖化防止京都会議等の環境に関する国際会議が相次いで開催される重要な年であり、政府においては、本報告を踏まえ、地球温暖化対策を始め環境保全の取組を一層推進されることを強く期待する。






環境基本計画の進捗状況の第2回点検結果について

基本認識

全般的評価


次項  先頭 
1.地球温暖化対策


前項  次項  先頭 
2.大気環境の保全


前項  次項  先頭 
3.化学物質の環境リスク


前項  次項  先頭 
4.自然と人間との共生
   −里地等の身近な自然の保全施策を中心として−


前項  次項  先頭 
5.環境への負荷を低減していくための経済的措置


前項  次項  先頭 
6.調査研究、監視・観測等の充実、適正な技術の振興


前項  先頭 
7.その他(海洋環境の保全)



環境基本計画の進捗状況の第2回点検結果について(報道発表資料)