ホーム > ネットde研究成果報告会 > E-0802 アジア太平洋地域を中心とする持続可能な発展のためのバイオ燃料利用戦略に関する研究

課題成果報告

E-0802 アジア太平洋地域を中心とする持続可能な発展のためのバイオ燃料利用戦略に関する研究
研究代表者
所属名・氏名
武内 和彦
(東京大学 サステナビリティ学連携研究機構)
実施期間(年度)H20-22
 本研究では、温室効果ガス削減等が期待される一方で、食糧資源との競合、森林・水資源への悪影響等、環境・社会・経済等へ広範囲に影響を及ばすバイオ燃料生産・利用について、アジア太平洋地域を中心に、ステークホルダー分析や社会経済シミュレーションモデル、ライフ・サイクル・アセスメントによる解析を行います。さらに現地調査を実施し、サステイナビリティ学アプローチに基づき総合的な分析を行い、国家、地域、世界レベルでのバイオ燃料利用戦略の策定を目的としています。
 本研究ではこれまでに、米国のバイオ燃料促進策が穀物価格の高騰等の負の影響を持つこと等を明らかにしました。今後も国際的なバイオ燃料利用に関する取組みへの貢献を目指します。

成果報告スライド

資料ダウンロード

報告スライド
スライド PDF (1,436KB)
資料
関連資料1 PDF (200KB)

←ネットde研究成果報告会 一覧ページへ  ↑ページトップへ