株式会社インテック(富山県)

「社会システム企業」として新たな価値の創出

株式会社インテック(以下、同社)は、システムインテグレーションやアウトソーシングなどのICT関連事業で培った技術をいかし、地元・富山市の環境都市づくりを支援する企業である。

同社は創業以来、電気、ガス、水道のように、いつでも、どこでも、誰もがコンピュータの恩恵を受けることができる「コンピュータ・ユーティリティ」の実現を目指してきた。2014年に創業50周年を迎え、それまで同社が蓄積してきたネットワークやコンピュータの技術をベースとして、新たな領域・分野にいかしていくという「社会システム企業」を目指すこととなった。これは、同社の創業の地である富山市が、「環境モデル都市」、「環境未来都市」、「コンパクトシティの世界的な先進モデル5都市」、「世界のレジリエント・シティ100」に立て続けに選定され、世界的にも大きな話題となった時期とも重なり、社会課題解決を通じた新たな事業機会の構想につながった。

富山市のコンパクトシティ化に向けた「環境未来都市とやまプロジェクト」においては、持ち前のICT技術を駆使し、多様かつ大量のデータを収集・分析することを通じて支援を行っている。

同社の特徴ポイント

  1. 1.ICT技術の活用によって社会課題の解決に取り組む
  2. 2.創立50周年を機に「社会システム企業」を目指す
  3. 3.「創業の地」、「タイミング」、「パートナー」をポイントに、地元に貢献した事業展開