グリーン購入法

環境省総合環境政策グリーン購入法参考資料>取組支援(平成28年度)

取組支援(平成28年度)

平成28年度

団体名 瀬戸市(愛知県)
支援を受ける背景 瀬戸市は、過去に調達方針を策定し、グリーン購入に積極的に取り組んだ経緯があるが、現在は明文化した方針が不存在の状況にあった。担当課として、方針策定の必要性は認識しているものの全庁的に関心が低く、優先度も低い状況の中で、今後の対応について苦慮していた。グリーン購入を各課に意識付け、全庁で取り組むために、地球温暖化対策実行計画の見直しに合わせて、グリーン購入調達方針を新規に策定したい。
支援内容 グリーン購入調達方針の新規作成、実績集計方法の確立
成果物 瀬戸市グリーン購入調達方針(案)[PDF202KB]

 

団体名 千葉市(千葉県)
支援を受ける背景 千葉市では環境マネジメントシステムを運用するほか、地球温暖化対策実行計画で電力使用時の省エネについて取り組んでいる。電力供給の環境配慮契約については取り組めておらず、平成28年度に電力小売が完全自由化となったことから、低圧電力も含めた電力の環境配慮契約の方針を策定したい。
支援内容 環境配慮契約方針の新規作成
成果物 電気の供給を受ける契約に関するガイドライン(案) [PDF87KB]

 

団体名 深谷市(埼玉県)
支援を受ける背景 深谷市では「深谷市グリーン購入推進方針」を策定し、環境マネジメントシステムにてグリーン購入の管理を行っている。グリーン購入推進方針と併せて、「深谷市地球温暖化対策実行計画」に基づく温室効果ガス排出量抑制・削減のため、環境配慮契約方針案の策定を行いたい。
支援内容 環境配慮契約方針案の策定
成果物 電力の契約を対象とした環境配慮契約方針案策定支援[PDF195KB]

 

団体名 高知県(高知県)
支援を受ける背景 高知県には、グリーン購入調達方針を策定していない市町村が約18市町村あった(平成27年度末)。高知県地球温暖化防止県民会議の「行政部会」からの希望により、高知県は、グリーン購入の調達方針を策定していない県内市町村に対して、方針の策定を目指した「グリーン購入基本方針策定支援ワーキング」を開催した。
市町村それぞれにあった方針を作成するためには、それぞれの課題に対応した解決策を提示する必要があり、ワーキングの中で発生する疑問や課題に対して他の地方公共団体の事例等を踏まえたアドバイスや解決策の提示等の支援が必要であった。
支援内容 「グリーン購入基本方針策定支援ワーキング」内での情報提供及びアドバイス
成果物 県による県内複数市町村の調達方針の一斉策定への支援[PDF283KB]

 

団体名 函館市(北海道)
支援を受ける背景 函館市は、平成14年に「函館市環境物品等調達方針」および「環境物品等調達ガイドライン」を策定し、全庁的にグリーン購入に取り組んでいるが、近年は、環境物品等の調達率が83%程度とほぼ横ばいで推移し、目標の85%を達成せず、取組が停滞している。
調達目標の達成に向け、より分かりやすく、実効性のあるガイドラインとするためのガイドラインの見直し、より正確で簡易な調達実績の把握手法の構築等の課題があった。
支援内容 環境物品等調達方針及びガイドラインの見直し、実績集計方法の見直し
成果物 函館市グリーン購入推進ガイドライン[PDF1,085KB]