環境アセスメント事例

環境アセスメントで確認された生物の分布情報

ここでは、生物の分布に関する既存情報の一つとして、過去に環境影響評価の現地調査で確認された生物の分布情報を、約10kmメッシュ(2次メッシュ)単位で提供しています。

種名    
日付 
分類 



種名候補一覧
 
凡例:  分布確認メッシュ  

【利用上の注意事項等】
  • ここで掲載している情報は、環境影響評価法や自治体の条例等に基づき実施された環境影響評価において現地調査で確認された生物情報です。いずれも一般に公表された環境影響評価図書によりデータベース化を行っていますが、全ての環境影響評価図書を網羅的に収集したものではありません。
  • 分布確認メッシュは、生物の確認記録があることを示していますが、生物の詳細な生育状況(繁殖の有無など)を確認することはできません。環境影響評価を実施する際には、当WEBサイトの情報だけでなく、環境省生物多様性センターや地方公共団体などが保有する情報などを十分に参照し、適切な方法で調査を実施する必要があります。また、生物の生息・生育状況の詳細な把握に、現地調査や有識者への聞き取り等を行う必要があります。
  • 分布図は、環境影響評価対象事業の計画地の中心点が含まれる2次メッシュ(約10kmメッシュ)で表示しています。メッシュが表示されない地域は、過去に環境影響評価において調査データが存在しない地域を表しているに過ぎず、当該種が存在する可能性を否定するものではありません。
  • 環境省レッドリスト植物Ⅰ(維管束植物)掲載種に関しては、ここでは乱獲等のおそれが少ない種(公開種(561種)(別ウィンドウ))のみに限定し情報公開しています。
【推奨環境】
快適にご利用いただくための推奨環境として、ブラウザはInternetExplorer(IE)9.0以上、Firefox、Google Chromeとしています。それ以外の場合は、地図表示が遅い場合があります。