アセスメント制度

SEA総合研究会関連資料 第3回検討会(平成10年11月5日)

SEA総合研究会関連資料TOPへ戻る

議事次第

  1. 開会
  2. 東京都総合環境アセスメント制度について
  3. 川崎市環境基本条例に基づく環境調査制度の運用について
  4. SEA実施に関する手続について
  5. オランダ第2次電力供給構造計画に関するSEAについて
  6. その他
  7. 閉会

資料一覧

資料1
東京都総合環境アセスメント制度について(省略)
  • 資料(1) 東京都総合環境アセスメント制度試行実施要領(省略)
  • 資料(2) 東京都総合環境アセスメント制度試行のための環境配慮技術指針(省略)
  • 資料(3) 東京都総合環境アセスメント制度試行のための環境配慮 ガイドライン(省略)
資料2
川崎市環境基本条例に基づく環境調査制度の運用(省略)
資料3
SEA実施に関する手続について[PDF]
資料3 参考  環境影響の予測手法[PDF]
資料3 参考2 SEAの手続について
資料4-1
カナダ「政策・プログラミング・計画の環境アセスメント:政策・計画担当者へのガイド」の要約(省略)
資料4-2
Environmental Assessment of Policies, Programmes and Plans: A Guide for Policy and Program Officers(省略)
資料5-1
オランダ第2次電力供給構造計画に関するSEAについて
資料5-2
オランダ第2次電力供給構造計画に関する環境影響報告書[PDF]
資料6
第4回研究会における討議事項

議事概要

1.日時
平成10年11月5日(木) 14:00〜16:00
2.場所
環境庁第1会議室(22F)
3.審議経過
(1)地方公共団体の制度について
  • 我が国における戦略的環境アセスメントの事例として、東京都より「東京都総合環境アセスメント制度」について、川崎市より「川崎市環境基本条例に基づく環境調査制度」 について報告を受けた後、制度の運用状況などについて質疑を行った。
  • (2)戦略的環境アセスメントを実施する際の手続について諸外国の戦略的環境アセスメントの事例報告を踏まえ、各事例に共通してみられる手続について、事務局から説明を行った。

《本件に関する問い合わせ先》

環境庁企画調整局環境影響評価課
TEL 03−3581−3351
課長 寺田 達志(内線6230)
担当 大森 恵子(内線6232) 中尾 豊(内線6234)