本文へジャンプ

環境アセスメント技術

研修

シンポジウム「効果的な環境アセスメントの推進についてー自主アセスの推進と事後調査に係る報告書を中心としてー」シンポジウム資料 分割版

開催要領・プロフィール・講演要旨
  発表資料
環境影響評価制度の近年の動向について
(環境省環境影響評価課 課長熊倉 基之)

効果的な環境アセスメントの推進 -環境配慮の徹底に向けて)
(法政大学社会学部・環境アセスメント学会田 中 充

「小規模火力発電等の望ましい自主的な環境アセスメント 実務集」の概要
(環境省 環境影響評価課課長補佐 井上 直己)

自主的な環境アセスメントにおける取り組みについて
(東京情報大学 名誉教授 岡本眞一)

さいたま市における自主アセスに関する取組について〜さいたま市環境影響評価条例〜
(さいたま市 環境局環境共生部参事 環境対策課長 武井 誠)

「環境影響評価法における報告書の作成・公表等に関する考え方」の概要
(環境省大臣官房環境影響評価課 横山 貴志子)

事後調査の結果等に係る報告書について
(桜美林大学リベラルアーツ学群 片谷教孝)

山梨県における事業実施中及び実施後の手続等について
(環境省主催シンポジウム「効果的な環境アセスメントの推進について−自主アセスの推進と事後調査に係る報告書を中心として−」
山梨県森林環境部大気水質保全課 古屋敏彦)

『効果的な環境アセスメントの推進に向けたシンポジウム』 議事概要

※ シンポジウム当日に配布した資料から、一部を変更しています。