本文へジャンプ

環境アセスメント技術

HPリンク集で調べる

環境技術情報の内容について、【1】具体的な機器性能等の情報【2】最新の研究開発情報ごとに、データベース等を提供しているリンク先をまとめています。
参照したいボタン【1】又は【2】を選択して下さい。また、各データベース等の利用方法はこちらにまとめています。なお、各データベース等の内容の詳細については、各データベース等の管理者へお問い合わせ下さい。


 

【1】具体的な機器性能等の情報

データベース等の名称 検索できる環境要素 検索できる情報等
大気環境 水環境 廃棄物等 温室効果ガス等
大気質
/
悪臭
騒音
/
振動
水質 地下水
NETIS
新技術情報提供システム

(提供)国土交通省

利用方法はこちら

(環境要素全般) 国土交通省の直轄事業における工事又は業務で用いる新技術。
●掲載期間は最大10年で申請された情報のみが検索対象となるが、掲載フォームが統一されているため技術間の比較も可能である。
環境研究技術ポータルサイト

(提供)国立環境研究所

利用方法はこちら

「環境技術情報ナビ」:個別技術のリンク先一覧。
●「環境技術情報ナビ」では、機関名や企業名により区分されているため、機関名や企業名からの検索に便利。
(その他の情報/「環境ライブラリ」の「環境技術レポート」:対策技術の知識)
NETT21
GEC環境技術情報データベース

(提供)地球環境センター

利用方法はこちら

- 個別技術の効果、費用・便益、留意点、連絡先、採用事例、主要メーカーや対策技術の種類等。
●高度な技術や高価な機材をあまり必要としない途上国が導入し易い技術が中心。英文を含む。

 

【2】最新の研究開発情報

データベース等の名称 検索できる環境要素 検索できる情報等
大気環境 水環境 廃棄物等 温室効果ガス等
大気質
/
悪臭
騒音
/
振動
水質 地下水
APEC環境技術交流バーチャルセンター

(運営)オーエスユーアジア環境技術及び
    先端技術交流支援センター
(事務局)大阪産業大学

利用方法はこちら

環境要素に関連する様々な情報。
●環境要素ごとに検索結果が羅列されるため、施策や企業の業務案内等も含めて広く関連情報を収集したい場合に有効。
研究開発支援総合ディレクトリ

(提供)科学技術振興機構

利用方法はこちら

(環境要素を特定しない) 国内の大学・公的研究機関等に関する機関情報、研究者情報、研究課題情報、研究資源情報。
●検索方法を「研究機関」「研究者」「研究課題」「研究資源」から選択できる。
GeNii
学術コンテンツ・ポータル

(提供)国立情報学研究所

利用方法はこちら

(環境要素を特定しない) 図書・雑誌情報、論文情報、研究成果情報、その他研究情報
●4つのデータベースを横断的に検索することができる。
NACSIS Webcat
総合目録データベース

(システムサービス)国立情報学研究所
(共同作成)参加図書館

利用方法はこちら

(環境要素を特定しない) 参加図書館(国立大学、公立大学、私立大学、短期大学、高等専門学校、大学共同利用機関、海外機関等)が所蔵する図書・雑誌
国立国会図書館
蔵書検索・申込システム

(提供)国立国会図書館

利用方法はこちら

(環境要素を特定しない) 国立国会図書館の蔵書