アセスメント制度

環境影響評価法に基づく基本的事項・主務省令

環境影響評価法令等TOPへ戻る

環境影響評価法に基づく「基本的事項」は、1)第二種事業の判定の基準、2)環境影響評価の項目等の選定の指針、3) 環境の保全のための措置に関する指針のそれぞれに関し、対象となる事業の種類にかかわらず横断的な基本となるべき事項であって、環境省が定めます。
この基本的事項を踏まえ、事業の種類ごとに主務大臣が主務省令を定めることとなっています。

基本的事項は平成17年3月30日に改正され、これを受けて平成18年3月30日に全ての主務省令が改正されました。改正主務省令は平成18年9月30日に全面施行されましたので、今後は新しい主務省令に基づいて環境影響評価を行うことが必要です。
ここでは、基本的事項と主務省令の策定と改正に関する資料や、近年の改正に関する解説等を掲載しています。