環境アセスメントガイド

環境アセスメントガイドTOPへ戻る

環境アセスメントの基礎情報 環境アセスメントの手続について わたし達にできる事 その他

3-1 環境アセスメント図書(配慮書・方法書・準備書・評価書・報告書)の内容 | 3-2 「配慮書」での意見聴取、「方法書」「準備書」への意見の提出 | 3-3 環境アセスメント図書の縦覧、説明会等に関する情報を知るには


3-3 環境アセスメント図書の縦覧、説明会等に関する情報を知るには

環境アセスメント図書の縦覧、説明会等に関する情報を知るには

<公告・縦覧・公表に関する情報>

 環境アセスメントの手続上、一般の方々が直接関係する説明会や環境アセスメント図書(配慮書・方法書・準備書・評価書・報告書)の縦覧・公表に関する情報は、次のいずれかの方法で公告することとなっています。

  • 官報への掲載
  • 関係都道府県の公報又は広報紙への掲載
  • 関係市町村の公報又は広報紙への掲載
  • 日刊新聞紙への掲載
    (※配慮書・報告書については、今後、同様に規定されることが想定される。)

 また、原則として環境アセスメント図書の縦覧は、次に示す場所のうち、できる限り一般の方々が利用しやすい場所で行うこととなっています。

  • 事業者の事務所
  • 関係都道府県の庁舎その他の関係都道府県の施設
  • 関係市町村の庁舎その他の関係市町村の施設
  • 事業者が利用できる適切な施設
    (※配慮書・報告書については、今後、同様に規定されることが想定される。)

 環境アセスメントの手続では、上記の場所以外に、原則としてインターネットの利用等の方法によって以下のHPを利用して環境アセスメント図書の縦覧(電子縦覧)を行うこととなっています。
 ・事業者のウェブサイト
 ・関係する地方公共団体の協力を得て、その地方公共団体のウェブサイト
  (※配慮書・報告書については、今後、同様に規定されることが想定される。)

<環境アセスメントに関する情報>

前ページへ

次ページへ