環境アセスメントガイド

環境アセスメントガイドTOPへ戻る

環境アセスメントの基礎情報 環境アセスメントの手続について わたし達にできる事 その他

1-1 環境アセスメント(環境影響評価)とは | 1-2 我が国の環境アセスメント制度 | 1-3 環境影響評価法について | 1-4 環境アセスメントの対象となる事業 | 1-5 環境アセスメントで調べることがら | 1-6 誰が環境アセスメントを行うのか


1-4 環境アセスメントの対象となる事業

環境アセスメントの対象となる事業

 環境影響評価法で環境アセスメントの対象となる事業は、道路、ダム、鉄道、空港、発電所などの13種類の事業です。
 このうち規模が大きく環境に大きな影響を及ぼすおそれがある事業を「第1種事業」として定め、環境アセスメントの手続を必ず行うこととしています。この「第1種事業」に準ずる大きさの事業を「第2種事業」として定め、手続を行うかどうかを個別に判断することとしています。

 つまり、「第1種事業」のすべてと、「第2種事業」のうち手続を行うべきと判断されたものが、環境影響評価法に基づく環境アセスメントの手続を行うことになります。また、規模が大きい港湾計画も環境アセスメントの対象となっています。

 具体的な事業の種類と規模は、下表のとおりです。

 なお、地方公共団体の条例で対象となる事業は、各々の地方公共団体により異なるので個別に確認が必要です。

参考:4-1 地方公共団体の環境アセスメント制度

<環境アセスメントの対象事業一覧>
対象事業第一種事業
(必ず環境アセスメントを行う事業)
第二種事業
(環境アセスメントが必要かどうかを個別に判断する事業)
1 道路
 高速自動車国道すべて  −
首都高速道路など 4車線以上のもの −
一般国道 4車線以上・10km以上 4車線以上・7.5km〜10km
林道 幅員6.5m以上・20km以上幅員6.5m以上・15km〜20km
2 河川
 ダム、堰湛水面積100ha以上湛水面積75ha〜100ha
放水路、湖沼開発土地改変面積100ha以上土地改変面積75ha〜100ha
3 鉄道
 新幹線鉄道すべて  −
鉄道、軌道長さ10km以上長さ7.5km〜10km
4 飛行場 滑走路長2,500m以上 滑走路長1,875m〜2,500m
5 発電所
 水力発電所 出力3万kw以上 出力2.25万kw〜3万kw
火力発電所出力15万kw以上出力11.25万kw〜15万kw
地熱発電所 出力1万kw以上 出力7,500kw〜1万kw
原子力発電所すべて  −
風力発電所 出力1万kW 以上 出力7,500kW〜1万kw
6 廃棄物最終処分場 面積30ha以上面積25ha〜30ha
7 埋立て、干拓 面積50ha超面積40ha〜50ha
8 土地区画整理事業面積100ha以上面積75ha〜100ha
9 新住宅市街地開発事業面積100ha以上面積75ha〜100ha
10 工業団地造成事業面積100ha以上面積75ha〜100ha
11 新都市基盤整備事業面積100ha以上面積75ha〜100ha
12 流通業務団地造成事業面積100ha以上面積75ha〜100ha
13 宅地の造成の事業(「宅地」には、住宅地、工場用地も含まれる)
 住宅・都市基盤整備機構面積100ha以上面積75ha〜100ha
地域振興整備公団面積100ha以上面積75ha〜100ha
○港湾計画埋立・掘込み面積の合計300ha以上
港湾計画については、港湾環境アセスメントの対象になる。

前ページへ

次ページへ