環境アセスメントガイド

環境アセスメントガイドTOPへ戻る

環境アセスメントの基礎情報 環境アセスメントの手続について わたし達にできる事 その他

1-1 環境アセスメント(環境影響評価)とは | 1-2 我が国の環境アセスメント制度 | 1-3 環境影響評価法について | 1-4 環境アセスメントの対象となる事業 | 1-5 環境アセスメントで調べることがら | 1-6 誰が環境アセスメントを行うのか


1-3 環境影響評価法について

法律の目的

 環境影響評価法は、環境アセスメントを行うことは環境の悪化を未然に防止し、持続可能な社会を構築していくためにとても重要であるとの考えのもとに作られています。
 そして、環境に大きな影響を及ぼすおそれのある事業について環境アセスメントの手続を定め、環境アセスメントの結果を事業内容に関する決定(事業の免許等)に反映させることにより、事業が環境の保全に十分に配慮して行われるようにすることを目的としています。
 また、地方公共団体においても、環境影響評価法と同じような考え方で環境アセスメントに関する条例が定められていますが、地方公共団体の条例は、地域の実情に応じた特徴のあるものとなっております。

参考:4-1 地方公共団体の環境アセスメント制度

環境影響評価法の目的

前ページへ

次ページへ