屋久島世界遺産センター
トップページへ センター紹介へ 世界遺産へ 国立公園へ 登山情報のページ エコツーリズムへ リンクへ
コンテンツ 最新登山情報 屋久島山岳部利用対策協議会 登山におけるマナー/諸注意 携帯トイレの利用 縄文杉登山における注意事項 縄文杉快適登山日カレンダー

登山上のマナー/諸注意

 屋久島には、九州最高峰の宮之浦岳(標高1936m)をはじめとして、険しい山々が40数座連なっています。山頂部で年間1万ミリといわれる多量の降雨は、無数の滝や清らかな渓流を形成し、河口まで 一気に駆けくだります。また、縄文杉など樹齢数千年の巨杉が生育する森林や、亜熱帯から冷温帯までの植物の垂直分布が見られるこの島は野生動植物の宝庫になっています。
 このような屋久島の自然に触れようと多くの人々が屋久島を訪れています。島に住む人々だけでなく、島を訪れる人々も、世界の宝であると認められた世界遺産の島・屋久島の素晴らしい自然を人類共通の財産 として末永く後生に守り伝えていこうという意識を持つことが大切です。

◆動植物を大切にする◆

 屋久島には固有の動植物が数多く生息・生育しています。一本の植物、一匹の虫が屋久島の豊かな生態系を維持し、美しい自然景観を保っています。動植物の捕獲・採集・損傷はしないでください。

◆ゴミを持ち帰る◆

 ゴミになるものは最初から極力減らし、登山中に発生したゴミは必ず全てお持ち帰りください。ゴミを持ち帰る袋も忘れずに準備してください。 美しい屋久島を維持するためにご協力をお願いします。

◆山の水を汚さない◆

 トイレ以外の場所で用を足したり、水場で食器類を洗ったりすると、山の水が汚染されます。やむを得ない時に備えて携帯トイレを用意し、汚れた食器は全て紙でふき取り、持ち帰ってください。

◇トイレは決まった場所で、携帯トイレの使用にご協力を◇

  • 用便は必ずトイレで行うか、または携帯トイレを使用してください。
  • 用便はできるかぎり登山前にすませてください。
  • 山岳部のトイレの維持管理はとても大変です。清掃の支障やつまりの原因となる衣類、生理用品、ビニール袋など水に溶けないものは決してトイレ内に捨てないでください。トイレットペーパーや水溶性ティッシュを使用してください。
  • 携帯トイレを持っていると、体調不良などいざというときでも自然環境を汚染することなくどこでも用便できます。特に縦走や宮之浦岳登山者はご協力をお願いします。
  • 携帯トイレは、登山用品店、観光案内所、土産物店などで購入できます。
  • 使用済みの携帯トイレは、登山口や屋久杉自然館前の回収箱に捨ててください。回収箱には携帯トイレ以外捨てないでください。
    携帯トイレの利用促進についてのご案内
  • 避難小屋に宿泊する方は、夜間はトイレの位置がわかりにくく危険なので、明るいうちにトイレの位置を確認しておいてください。

◇屋久島の山岳部では下記の場所にトイレがあります◇

  • 荒川ルート: 荒川登山口・三代杉・大株歩道入口・高塚避難小屋・新高塚避難小屋(携帯トイレブース:小杉谷小中学校跡地・翁杉・大王杉手前・大王杉・高塚避難小屋・新高塚避難小屋)
  • 淀川ルート: ヤクスギランド入口・淀川登山口・淀川避難小屋(携帯トイレブース:淀川避難小屋・花之江河・翁岳)
  • 楠川・白谷ルート: 白谷雲水峡入口・白谷避難小屋(携帯トイレブース:白谷避難小屋)
  • その他: 鹿之沢避難小屋・石塚避難小屋(携帯トイレブース:鹿之沢避難小屋・石塚避難小屋・蛇紋杉)
    携帯トイレ・山岳トイレ設置場所[PDF2.07MB]

◆焚き火をしない◆

焚き火は山火事の原因になります。絶対にやめてください。

◆山中に動物を持ち込まない◆

 貴重な生態系に感染症や伝染病などの悪影響を与える恐れがあります。また、他の登山者の迷惑にもなるため、ペットの同伴もやめてください。(盲導犬・介助犬・聴導犬は除く)

◆サルやシカなどの野生動物に餌を与えない◆

 人間の食べ物の味を覚えた野生生物は、生活の場所やスタイルを変え、人里に降りてきて農作物被害を引き起こします。

◆登山道は登りの人を優先しましょう◆

 登山は登りの人を優先して道を譲るのが原則です。ただし、場所や状況を見て適切に判断してください。

◆渋滞を作らない◆

 前後の登山者に気を配り、後から速いグループが来た際は、道を譲るなど渋滞を作らないようにしてください。

◆岩や倒木に生えたコケを踏まない◆

 湿原やコケの多い沢などの景観を守り荒廃を防ぐためにも、登山道以外にむやみに足を踏み入れないでください。

◆ゴムキャップの付いたストックを使う(積雪時は除く)◆

 ストックを使用する際は、登山道の荒廃や植物の保護のためにも、先端にゴムキャップを必ず装着してください。

◆大きな音を出さない◆

 熊避けの鈴などを鳴らしたり、ラジオや音楽などを聞いたり、音を出したりしながらの登山は他の登山者の迷惑になります。

◆場所を考えて食事をする◆

 食事をする際は、混雑が予想される場所や写真を撮るポイントなどは控え、周りの自然に配慮した場所で行ってください。

◆祠など神聖な場所を大切にする◆

 屋久島の山岳は信仰の対象となっており、山頂付近には祠が祀られています。「お邪魔する」という気持ちを忘れないでください。

◆アイドリングストップ◆

 登山口や駐車場などで、長時間にわたるアイドリングはやめてください。また他の登山者の迷惑にならないよう駐車してください。

◆登山届はあなたの居場所を伝えます◆

屋久島 登山届
日本語
[PDF(140KB)]
[Word(49KB)]
English
[PDF(105KB)]
[Word (56KB)]
見本
[見本PDF(119KB)]

 登山の際は必ず登山届を提出しましょう。万一、遭難した場合、登山届を提出していると捜索がスムーズに行われ、発見される可能性が高まります。 また、自分の力量にあった登山計画を立て、体力・時間・天候により、計画の見直しが必要となった時は、計画を変更し引き返す勇気を持ちましょう。また、予定より下山が遅くなった場合、宿泊先へ連絡してください。 登山届は世界遺産センターにて入手、提出が可能です。

◇世界遺産センター以外での登山届入手場所および提出機関◇

屋久島警察署 屋久町安房304-42 TEL0997-46-2110
屋久島町役場 宮之浦支所 屋久島町宮之浦1593 TEL0997-43-5900
安房支所 屋久島町安房187-1 TEL0997-46-3144
尾之間支所 屋久島町尾之間157 TEL0997-47-2111
その他、島内の交番、空港、港、各観光案内所、各登山口、民宿などの宿泊施設にも設置されています。

◆登山道は事前に確認を◆

 登山道が荒れていたり、利用不能になっていることがあるので、登山の際は状況をよく調べてください。 荒川登山口から縄文杉往復、淀川登山口から宮之浦岳往復には9〜10時間程度を要します。

◆登山口に至る道路の通行止めについて◆

 屋久島では異常気象(連続雨量が220mm/24h以上)の場合、登山口(荒川登山口、ヤクスギランド入口、淀川登山口、白谷雲水峡入口)に至る道路の通行止めを行っていますので、登山する前には道路交通規制情報、気象状況等に十分留意してください。

◆十分な装備で◆

 里地は天気がよくても、山岳部の天気は急変するので登山用の雨具は必需品です。 また、日帰りでも非常用に防寒衣(冬は−10℃〜−15℃に下がります)・食糧 (チョコレートやアメなど)・懐中電灯・地形図・コンパス・警笛・携帯電話(無線機) も必需品です。 服装は、長袖・長ズボン(半ズボンはケガのもと)・登山靴(スニーカーは滑りやすい。 ただし、スパイク付は木の根を傷めます。)を用意してください。
ポスター夏バージョン
登山装備ポスター
(夏版)
[PDF 363KB]
ポスター冬バージョン
登山装備ポスター
(冬版)
[PDF 571KB]

◆登山道から外れない◆

 屋久島の山は、いったん登山道から離れると遭難する恐れがあります。なお、せまい登山道では原則登り優先で譲り合いましょう。 また、登山道を外れることは、貴重な植物の踏みつけなど森林生態系へ重大な悪影響を及ぼします。 さらに登山道中は落石・落枝の危険も予想されますので、くれぐれも安全には ご注意ください。

◆道に迷わないように気をつけましょう◆

 沢伝いに川を下ることは、滝が多く大変危険です。絶対に沢へは降りないでください。 道に迷ったら、体力を消耗しますのでむやみに動き回らないようにしてください。 また、救助用に警笛や携帯電話を持参することを勧めます。

◆事故等で救助が必要な場合は、落ち着いて対応を◆

 登山中に急な体調不良や事故等で救助が必要となった場合は、周辺の方の協力を得て対応してください。特に、症状の判断に迷う場合は、救急車を要請してください。また、救急隊員が到着するまでの負傷者の状況についてメモを取り、救急隊員に引き継いでください。山は携帯電話が通じにくいので、無線を持つガイドに協力を求めてください。
レスキュー要請
屋久島南分遣所 0997-47-2125
屋久島北分遣所 0997-42-0119

◆宿泊は避難小屋で◆

 山での宿泊は避難小屋を使用してください。 避難小屋は下記の6ヶ所でいずれも無料ですが、無人小屋のため炊事設備も電話もありません。 5月の連休や夏休み期間をはじめ冬を除く季節は混み合いますので避難小屋はできるだけ多くの人が利用できるようゆずり合ってください。 荒川登山口から縄文杉へ、淀川登山口から宮之浦岳への登山は、往復9〜10時間程度で、それぞれ日帰りも 可能です。特に5月の連休や7月中旬〜9月末にかけては、日帰り登山をお勧めします。

◇避難小屋(およその収容人員)◇

  • 白谷小屋 (40人)
  • 高塚小屋 (20人)
  • 新高塚小屋(40人)
  • 鹿之沢小屋(20人)
  • 淀川小屋 (40人)
  • 石塚小屋 (14人)

▼ 携帯電話利用可能地域

 荒川登山口や淀川登山口をはじめ、山中のほとんどの場所で携帯電話は通じません。
 縄文杉デッキ、宮之浦岳山頂、永田岳山頂、黒味岳山頂、栗生岳山頂、太忠岳山頂、投石平など一部 地域で一部の携帯電話は通じますが、むやみに使うと自然の雰囲気を楽しむ他の登山者を不快にさせま すので、非常時以外は使用しないでください。

◇主な携帯電話利用可能な地点◇

 縄文杉デッキ、夫婦杉、宮之浦岳山頂、永田岳山頂、黒味岳山頂、栗生岳山頂、太忠岳山頂、投石平、 その他、種子島が見える場所などの一部地域。

△ページトップに戻る

All Rights Reserved, Copyright Ministry of the Environment.