屋久島世界遺産センターのホームページへようこそ!!
トップページへ センター紹介へ 世界遺産へ 国立公園へ 登山情報へ エコツーリズムのページ リンクへ
コンテンツ 屋久島エコツーリズムの体系 ガイド登録・認定制度 縄文杉登山におけるエコツーリズム ウミガメ観察におけるエコツーリズム 西部地域におけるエコツーリズム 里のエコツーリズム

ウミガメ観察におけるエコツーリズム

産卵を終えて海に帰るアカウミガメ  近年、ウミガメ観察のために永田浜や栗生浜を訪れる観光客が増加し、 ウミガメのフラッシュ撮影や浜への無秩序な立ち入りによるウミガメの産卵やふ化に与える影響の増大が懸念されています。
 このような状況を受けて、平成21年にはウミガメの保護と永田浜の適正な利用を図ることを 目的に地域の自主ルールとして「永田浜ウミガメ観察ルール」が策定されました。また、永田浜に次いで多くのウミガメが上陸・産卵する栗生浜では、平成27年に「栗生浜ウミガメ保護・観察ルール」を策定しました。 これらはウミガメの産卵期及びふ化期における、観察にあたってのルールやマナー事項を取りまとめていますが、地域の自主ルールで強制力はありません。 ウミガメの産卵頭数は減少傾向にあり、人為的な産卵ふ化環境の悪化を軽減させるルールの徹底が必要です。
 そこで、令和元年9月に、屋久島町エコツーリズム推進協議会において、ウミガメ保護利用専門部会が設置されました。今後は、エコツーリズム推進法を根拠に、屋久島全体でウミガメの保護と適正な観光利用の仕組みを検討していきます。

利用実態
  • 2009年に夜の永田浜に訪れたウミガメ見学者は年間1万人以上。世界遺産に登録された 1993年から約4倍に増加。
  • 永田ウミガメ連絡協議会がウミガメの保護を目的としたウミガメ観察会等を実施。
  • NPO法人屋久島うみがめ館が上陸・産卵個体数やふ化率・脱出率を把握するため調査研究 活動を実施。
近年の動き
  • 平成20年度にウミガメの保護と永田浜の適正な利用を図ることを目的に地域の自主ルール として「永田浜ウミガメ観察ルール」を策定。
  • 観察ルールの検討や、ウミガメの保護及びその産卵・ふ化環境の保全に関する事項を検討することを目的に、平成21年12月 「永田浜ウミガメ保全協議会」を設置。
  • 平成27年度に栗生浜におけるウミガメの保護のためのルールを検討することを目的に、地域の自主ルールとして 「栗生浜ウミガメ保護観察ルール」を策定
  • 令和元年度にエコツーリズム推進法を根拠に、屋久島全体におけるウミガメの保護と適正な観光利用の仕組みを検討するため 「屋久島町エコツーリズム推進協議会ウミガメ保護利用専門部会」を設置
利用により生じた主な変化・問題
自然環境
  • 近年永田浜や栗生浜に訪れるウミガメ見学者が多く、夜、浜に上陸してくるウミガメの産卵や 子ガメのふ化への悪影響が懸念されている。
  • ウミガメの上陸数や産卵頭数は減少傾向にある。
参考資料 関連ページ

△ページトップに戻る


All Rights Reserved, Copyright Ministry of the Environment.