屋久島世界遺産センターのホームページへようこそ!!
トップページへ センター紹介へ 世界遺産へ 国立公園へ 登山情報へ エコツーリズムのページ リンクへ
コンテンツ 屋久島エコツーリズムの体系 ガイド登録・認定制度 縄文杉登山におけるエコツーリズム ウミガメ観察におけるエコツーリズム 西部地域におけるエコツーリズム 里のエコツーリズム

西部地域のエコツーリズム

西部地域で見られるヤクシカ・ヤクシマザル  西部地域は、屋久島の世界自然遺産の登録理由の1つである海岸部の亜熱帯から山頂部の 冷温帯まで連続した植生の垂直分布が保存されており、世界遺産地域を車道が通っている唯一 の場所です。この車道は通称西部林道と呼ばれており、頭上を樹木が覆い茂る緑のトンネルが 形成されていて、バスツアー等による観光利用が活発に行われています。
 また、林道周辺の低標高域には、かつて薪炭林として活用されたシイ・カシ類の二次林が 広がり、アコウやガジュマルの大木やその樹上に生育するオオタニワタリなど亜熱帯域のダイ ナミックな自然が見られる他、長年のフィールド研究の成果により、ヤクシマザル及びヤクシカ の野生生活を間近で観察することができます。また、住居跡や炭焼き窯跡などが点在し、自然と 人との関わりや生活の歴史を垣間見ることもできます。
 このため、ガイドツアーによるトレッキング利用や写真撮影等を目的とした入林がみられ、利用者のマナー低下に伴う生態系への悪影響が懸念されていました。
 このような状況を受けて、平成17年に屋久島地区エコツーリズム推進協議会の下部機関として「西部地域の保全・利用作業部会」が設置され、西部地域における保全と利用のあり方につ いて検討が行われ、西部地域が豊富な自然観光資源を有し、生き物同士または、自然と人のつながりを野外で直接観察し、体験し、学ぶことができる最適な場所であること、 ただしその利用にあたっては自然環境の保全を前提とした限定的なものであること、 加えて利用による影響を常にモニタリングによって監視することが確認され、「西部地域保全・利用ルール」が策定されました。

利用実態
  • 林内への立ち入りは、釣り人やガイドツアー利用者、野生動物の生態調査をする研究者など 限定的。
  • 平成8年から平成19年までの11年間でガイドツアー利用が1事業者から12事業者に増加し、 うち6事業者が林内を歩くツアーを実施。
  • エコツアー等で主に利用される地域は、半山及び川原地区であり、特に半山地区では、ガジ ュマル・アコウの大木や住居跡や炭焼き窯跡など見所が豊富。
近年の動き
  • ・ 屋久島地区エコツーリズム推進協議会に設置された「西部地域の保全・利用作業部会」 において、「西部地域保全・利用ルール」が策定。
利用により生じた主な変化・問題
1.自然環境 2.利用環境
  • 野生のヤクシカ、ヤクザルに餌を与える観光客等が少数であるが見られ、 生態系への悪影響が懸念される。
  • 人と自然が共生してきた歴史を知ることのできる、森林資源から糧を得ていた時代の 貴重な文化的資源の持ち帰りなどが問題視されている。

・西部地域ルールガイド

△ページトップに戻る


All Rights Reserved, Copyright Ministry of the Environment.