ここから本文です。

2012年12月03日

その他

【取組紹介】地域住民を対象とした講座の開催について

 知床国立公園の保全管理の推進にあたっては、地域との連携・協働を欠かすことはできません。しかしそのためには、知床に住む地域住民自身が自分達の地域のことに関心をもち、自分達の地域のことをよく知ることが、とても大切です。
 そこで今年度、環境省・釧路自然環境事務所では、知床の地域住民を対象として普及啓発のための講座を開催しています。地元で活動されている方や「知床世界自然遺産地域科学委員会」の委員に講師としてお越しいただいています。
 開催概要と配付資料は下記のとおりです。ぜひご覧ください。

日時 テーマ 講師 資料
第1回 平成24年7月28日 知床岬で外来種根絶作戦! 野別貴博氏 開催概要[PDF 241KB]
第2回 平成24年10月14日 らうす自然講座 第1回「ルサ川のはなし」 野別貴博氏 開催概要[PDF 292KB]
第3回 平成24年11月11日 らうす自然講座 第2回「羅臼岳の希少植物」 浅沼孝夫氏 開催概要[PDF 92KB]
第4回 平成24年12月8日 第2回 しれとこ科学教室「観光客の皆さんが知床に求めるものとは?〜経済学の視点から〜」 庄子康氏 開催概要・配布資料
第5回 平成25年2月26日 らうす自然講座 第3回「冬の羅臼で見られる海辺の鳥」 藤井薫氏 開催概要[PDF 339KB]
Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。