ここから本文です。

地図

国立公園内の見どころの位置関係がわかる地図が掲載されています。PDFリンクからご覧ください。

交通アクセス

アクセスルートは一例です。詳しくは各交通機関の窓口・ホームページなどでご確認ください。

※各区間の所用時間は目安です。

コース1
羽田空港
飛行機(約95分)
新千歳空港
北海道中央バス(約55分)
支笏湖バスターミナル

※支笏湖ビジターセンター最寄バス停

コース2
羽田空港
飛行機(約95分)
新千歳空港
JR千歳線(約3分)
南千歳駅
JR千歳線・室蘭本線(約80分)
登別駅 ※登別温泉最寄駅
JR室蘭 本線(約75分)
洞爺駅

※洞爺湖ビジターセンター最寄駅

宿泊エリア

国民保養温泉地に指定された温泉地を含むエリアには、この目印を付けています。国民保養温泉地とは、温泉の公共的利用増進のため、温泉利用の効果が十分期待され、かつ、健全な保養地として活用される温泉地を「温泉法」に基づき、環境大臣が指定するものです。

支笏湖

支笏湖には、新千歳空港から約40分でアクセス可能な支笏湖温泉、対岸には100年の歴史を誇る丸駒温泉があり、ホテルや旅館といった温泉宿があります。優れた水質で透明度が高い支笏湖を釣りやカヌー、遊覧船などで満喫してみてはいかがでしょうか。

登別

登別には、登別温泉やカルルス温泉があり、ホテル、旅館等の温泉宿があります。9種類の豊富な泉質を誇り、世界的にも珍しく「温泉のデパート」と称されるほどです。

洞爺湖

約11万年前の巨大な噴火により生まれた直径8~11kmのカルデラ湖である、洞爺湖。洞爺湖南側湖畔に、ホテル・旅館の建ち並ぶ温泉街があります。宿泊施設の温泉以外にも、手湯、足湯、日帰り温泉など、気軽に利用できる施設があります。

財田

北海道虻田郡洞爺湖町財田に、「水辺の里・財田キャンプ場」や洞爺財田自然体験ハウスがあります。洞爺湖畔の森林や田畑に囲まれたキャンプ場で、フリーキャンプサイト、キャンビングカーサイト、コテージのほか、多目的スポーツ広場、イベント広場なども備えています。また、洞爺財田自然体験ハウスでは自然を活かした体験プログラムもできます。近隣には、国民保養温泉地に指定されている洞爺・陽だまり温泉があります。

昭和新山

昭和新山は、北海道有珠郡壮瞥町にある火山で、国の特別天然記念物に指定されています。山への立ち入りは禁止されていますが、麓に有珠山へのロープウェイを始めとした観光施設が集まっており、冬季には国際雪合戦が開催されます。

真狩口

羊蹄山麓の真狩口には、自然公園真狩キャンプ場があります。園内には、キャンプ場、アスレチック、遊歩道などの散策コース、森林学習展示館など、自然を体験できる環境を備えています。

定山渓

渓流沿いに温泉が湧き出る定山渓温泉は、北海道を代表する温泉のひとつです。ホテルや旅館などの温泉施設が充実しており、秋には渓谷と紅葉の織りなす絶景を楽しむことができる、人気スポットです。

北湯沢温泉

支笏湖と洞爺湖の中間に位置し、美しい渓流である長流川を望む温泉地です。周辺にはクロスカントリーやサイクリングコースが整備され、アクティビティも楽しむことができます。

施設

支笏湖ビジターセンター

支笏湖ビジターセンターの写真
支笏湖ビジターセンターは、支笏湖の自然を親しみやすく、興味深く展示しています。
建物は支笏湖周辺を産地とする自然素材を使い、太陽光発電やヒートチューブによる地熱利用といった自然エネルギーを活用した環境配慮型の施設になっています。ビジターセンターの展示を楽しんだら、自然の中に飛び込んでみませんか。
所在地北海道千歳市支笏湖温泉
連絡先0123-25-2404 (Tel)
開館時間9:00~17:30
9:30~16:30 (冬季)
休館日冬季の毎週火曜日、年末年始
利用料無料
関連リンクhttp://shikotsukovc.sakura.ne.jp/
こんなことができます
平成27年に支笏湖映像シアターをリニューアルしました!支笏湖周辺の四季折々の自然を4K映像で撮影し200インチの大型スクリーンで放映しています。上映時間は約15分、6言語に対応した音声ガイドにより同時に見ることができます。
また、支笏湖を訪れる方々に豊かな自然の魅力を感じていただきたく、自然ふれあい行事を実施しています。春は芽吹きだした草花、夏は水辺の生き物、秋は紅葉散策、冬はスノーシューを履いて散策など、四季折々に変化する自然との出会い・ふれあいを楽しむ機会を提供しています。支笏湖を毎日見ている専門スタッフが支笏湖を魅力的にご案内いたします。
多目的室では、地元小学校の作品発表、野鳥の写真、繊細なボールペン画など、支笏湖の自然に関わる企画展示が行われています。時期により何が行われているかはお楽しみ。是非、季節をかえて訪れてみてはいかがですか。
ユニバーサルデザイン対応状況
  • 車いすの貸し出し
  • 多言語対応パンフレットの配布
  • 多目的トイレ
  • コミュニケーション支援ボード

洞爺湖ビジターセンター・火山科学館

洞爺湖ビジターセンター・火山科学館の写真
洞爺湖ビジターセンター・火山科学館は、支笏洞爺国立公園のうち、最北の不凍湖である洞爺湖と、活発な火山活動を続ける有珠山、そして洞爺湖有珠山世界ジオパークにも登録されている周辺地域を対象に、地域の自然、その自然に親しむために必要な情報の提供や展示を行っています。
所在地北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉142-5
連絡先0142-75-2555 (Tel)
開館時間9:00~17:00
休館日12月31日~1月1日
利用料洞爺湖ビジターセンター:無料
火山科学館入館料(協力金):大人600円、小人300円(団体15名様以上10%引き)
関連リンクhttp://www.toyako-vc.jp/
こんなことができます
洞爺湖ビジターセンターは、洞爺湖周辺を訪れる方々に自然とのふれあいに必要な情報を提供する施設です。展示や映像、様々な自然体験プログラムを通じ、洞爺湖の自然について、理解していただくお手伝いをいたします。自然体験プログラムとしては、春の中島ウォーキングや四十三山でのもみじ狩り、キッチン火山実験などを毎月行っており、夏休みは2000年の有珠山噴火の痕跡を巡る金毘羅火口ガイドウォークやウチダザリガニ防除体験、冬休みにはキーホルダー作りやクイズラリーを企画しております。
火山科学館は、2000年の噴火を中心に、有珠山の歴史や噴火のメカニズム、被害の実態や防災の方法等を当時の貴重な写真や、破損・変形した車や線路の模型、3面マルチビジョンによる迫力の映像などで、学習することができる施設です。是非ご来館ください。
ユニバーサルデザイン対応状況
  • 車いすの貸し出し
  • 多言語対応パンフレットの配布
  • 身体障害者用駐車場
  • 多目的トイレ
  • コミュニケーション支援ボード

洞爺財田自然体験ハウス

洞爺財田自然体験ハウスの写真
洞爺財田自然体験ハウスでは、洞爺湖を訪れた方や地域の方々に自然の案内やさまざまな体験プログラムを提供しているほか、身近な自然・地域の環境を知る「環境学習」のお手伝いを行っています。
所在地北海道虻田郡洞爺湖町財田2-2
連絡先0142-82-5999 (Tel)
開館時間9:00~17:00
休館日毎週月曜日、年末年始
利用料無料
関連リンクhttp://www.toyako-vc.jp/takarada/
こんなことができます
当施設には、洞爺湖の自然を紹介した館内展示や最大100名を収容できる体験学習室があるほか、屋外にはビオトープがあり、水辺や湿地の自然観察を行うことができます。また、望遠鏡・顕微鏡・デジタルカメラ・ビデオ・パソコンなどの機材もあり、観察したものをさまざまな形で記録することも可能です。
自然体験プログラムでは、ネイチャーゲームなどの環境学習プログラム指導者の資格を持ったスタッフが企画段階から対応するほか、地域の登録スタッフも一緒に実際の指導・運営にあたり、わかりやすく、具体的かつ地域に根ざした学習のお手伝いをいたします。
ユニバーサルデザイン対応状況
  • 多言語対応パンフレットの配布
  • 身体障害者用駐車場
  • 多目的トイレ
  • コミュニケーション支援ボード

連絡先一覧

北海道地方環境事務所
〒060-0808 北海道札幌市北区北8条西2丁目
札幌第1合同庁舎3階
Tel: 011-299-1950 Fax: 011-736-1234
http://hokkaido.env.go.jp/

支笏湖自然保護官事務所
〒066-0281 北海道千歳市支笏湖温泉
Tel: 0123-25-2350 Fax: 0123-25-2351

洞爺湖自然保護官事務所
〒049-5721 北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉142-5
洞爺湖ビジターセンター2階
Tel: 0142-73-2600 Fax: 0142-73-2601

支笏洞爺国立公園サイト