未来に引き継ぐ大自然 国立公園

渡嘉敷・座間味慶良間諸島国立公園

トップへ
ここから本文です。

阿嘉島・慶留間島ノルディックウォークコース

阿嘉島・慶留間島ノルディックウォークコースの写真
タイプ
ハイキング
所要時間
1時間44分
距離
7.8 km
阿嘉島・慶留間島を海を越えて巡るノルディックウォーク!

コース概要

阿嘉島の絶景ビーチから、海を越え慶留間島まで、ノルディックウォークで歩くコースです。北浜(にしばま)展望台は「北浜ビーチ」のそばにあり、波の音を聞きながらのんびりと美しいビーチや島々の風景を堪能できます。阿嘉港へ戻り、阿嘉大橋で海を越えて慶留間島に渡った後は、島の最南端の慶留間集落にある高良家を訪ねます。海の上を歩いて渡るというスペシャルな体験もでき、変化に富んだ景色を楽しめるウォーキングコースです。ノルディックウォーキングとは、今、世界中で注目を集めているフィンランド発祥のウォーキングスポーツです。2本の専用ポール(ストック)を使うことで上半身の筋肉も積極的に使い、通常のウォーキングより、膝・腰への負担が少なく、アップダウンのある道にぴったりです。

見どころ

ケラマブルーを望むビーチ
ケラマブルーを望むビーチの写真

北浜(ニシバマ)ビーチ

阿嘉島きっての見どころ、北浜ビーチを訪れます。目の前には多島海の絶景を望むことができます。直線的にのびる白い砂浜と透き通るブルーのグラデーション「ケラマブルー」の海が出迎えてくれます。海を見ながら北浜デッキで少し休憩するのもおすすめです。

海を越える阿嘉大橋
海を越える阿嘉大橋の写真

阿嘉大橋の景色

阿嘉大橋は全長530 mの、阿嘉島と慶留間島をつなぐ美しい橋です。橋の上からは、透明な海の中を泳ぐウミガメが見られたり、西側にはサクバルの奇岩群・東側には渡嘉敷島が見渡せる絶景ポイントです。

琉球王府時代の面影を残す旧家
琉球王府時代の面影を残す旧家の写真

高良家(たからけ)

「高良家(たからけ)」は船頭主屋(せんどうすーやー)と呼ばれる旧家で、琉球王府時代末期に、公用船の船頭職を務めた仲村渠雲上(なかんだかりぺーちん)が唐儲け(中国貿易)によって19世紀後半に建築したといわれています。国指定重要文化財で、赤瓦の屋根とサンゴ石で造られた石垣が美しい沖縄民家の原形を留めた昔ながらの建物で、見学することができます。

コースマップ

阿嘉島・慶留間島ノルディックウォークコース周辺

コースタイム

スタート
1
さんごゆんたく館(阿嘉港)
19分
1.5 km
2
北浜展望台
21分
1.6 km
3
阿嘉大橋
29分
2.1 km
4
高良家
35分
2.6 km
5
さんごゆんたく館(阿嘉港)
ゴール
※コースタイムや距離は目安です。