未来に引き継ぐ大自然 国立公園

阿寒・摩周・屈斜路阿寒摩周国立公園

トップへ
ここから本文です。

神の子池と裏摩周コース

神の子池と裏摩周コースの写真
タイプ
ドライブ
所要時間
2時間52分
距離
124 km
神の子池と裏摩周 神秘の表情を巡るドライブコース。

コース概要

摩周の森の中のドライブと、北海道らしく広がる清里町の農地の中のドライブが楽しめます。新しく国立公園に入った「神の子池」エリアを中心に楽しむルートです。道の駅「摩周温泉」からスタートし北に向かい、清里町の観光案内所「きよ~る」で観光情報をもらい、ついでに隣のじゃがいも焼酎醸造所を無料見学。道の駅「パパスランドさっつる」で日帰り温泉に立ち寄り、森の中の「神の子池」へ向かいます。青い水が神秘的な「神の子池」は、遊歩道で周囲をぐるっと巡ることができます。次は「裏摩周展望台」。湖の北東部にあり、西側の第一、第三展望台とはまた違った眺望が見られます。ゴールはスタート場所の道の駅「摩周温泉」に戻ります。

見どころ

きよさと情報交流施設「きよ~る」+清里町焼酎醸造所
きよさと情報交流施設「きよ~る」+清里町焼酎醸造所の写真

町営のじゃがいも焼酎醸造所

清里町は知床半島の麓にあり、「じゃがいも」の生産が有名です。じゃがいも焼酎の醸造所を無料で見学することができます。ここでつくられた焼酎は、隣接する情報交流施設「きよ~る」で購入することができます。「きよ~る」では、広いホールやカフェから斜里岳を望むことができ、地元小麦で作ったうどん、ピザなどが食べられます。また、移住相談の情報提供までもする「インフォーメーションデスク」もあります。

神秘的な青い湧水池
神秘的な青い湧水池の写真

神の子池

この小さな池は、アイヌ語でカムイント(神の湖=摩周湖)の伏流水からできているという言い伝えで「神の子池」と呼ばれています。神の子池は水深5 mですが、水が澄んでいるので底までくっきり見ることができ、池を泳ぐ魚も観察できます。年間を通して水温が低く、倒木も腐らずに池の底に沈んでいるのも特徴です。

趣が異なる景観
趣が異なる景観の写真

裏摩周展望台からの摩周湖の眺め

弟子屈町にある第一、第三展望台はカルデラの西縁にありますが、この展望台は反対側の北東縁にあることから「裏摩周展望台」と呼ばれています。第一、第三展望台よりも標高が低いため、霧の発生が少なく神秘的な湖面を望めます。

コースマップ

神の子池と裏摩周コース周辺

コースタイム

スタート
1
道の駅 摩周温泉
47分
46.1 km
2
清里情報交流施設「きよ~る」+町立焼酎醸造所
7分
6.2 km
3
道の駅 パパスランド さっつる
42分
19.1 km
4
神の子池
38分
11.2 km
5
裏摩周展望台
38分
41.4 km
6
道の駅 摩周温泉
ゴール
※コースタイムや距離は目安です。