• 文字サイズ
大山隠岐公園でできるアクティビティ
1 日南町でオオサンショウウオ生息地観察・保全体験
自然体験
1 日南町でオオサンショウウオ生息地観察・保全体験
自然体験

世界最大の両生類オオサンショウウオの生息地観察と保全体験を満喫

オオサンショウウオは生きている化石です。大山隠岐国立公園には、世界最大の両生類であるオオサンショウウオが生息し、周辺地域ではオオサンショウオの生息地の観察や保全活動を体験することができます。
観察・保全体験では、はじめに、オオサンショウオ研究の第一人者である専門家からのレクチャーにより、生態や地域の保護活動について学んだ後、実際にオオサンショウウオを探しながら日野川源流や里山を歩き、生態調査や保全活動を体験します。
オオサンショウウオの観察・保全体験の後は、伝統的な古民家に泊まって、昔ながらの田舎暮らしを体験しながら日南町の優れた自然景観を堪能してください。

連絡先名
BUSIDO
TEL
ウェブサイトからお問い合わせください。
URL
http://www.bushidojapan.com/salamander
オオサンショウウオの顔のアップ オオサンショウウオの捕獲 チップをつけたオオサンショウウオを探す オオサンショウウオが棲む自然環境 オオサンショウウオが棲む美しい川の風景 石の下から顔を出すオオサンソショウウオ
2 大山登山(一木一石運動)
登山・トレッキング
2 大山登山(一木一石運動)
登山・トレッキング

中国地方最高峰の大山で「山と海のパノラマ」を楽しんだ後は、温泉につかって大山を満喫

中国地方最高峰の大山(標高1729m)の登山です。 登山道入口から山頂までの標高差は約930m。前半は西日本最大級のブナの樹木帯を、6合目付近からは高山植物の中を歩きます。
山頂からのパノラマ景観は圧巻で、達成感は格別です。
下りは、行者道に沿って、大神山神社、大山寺、日本一長い自然石の石畳の参道などの歴史あるエリアや森の小道を巡る登山道です。
大山寺の参道脇には温浴施設や足湯、休憩や買い物のできる施設やサンセットカフェもあり、登山の疲れを癒すのもおすすめです。

おすすめルートはこちら  ►「国立公園へ行こう」

一木一石運動

登山者の急増とともに一時的に頂上の大部分が裸地になりましたが、昭和60年に発足した大山頂上を保護する会の「一木一石運動」という官民協働の取組により、登山者が、指定された苗木や石を持って山頂に返すことで往時の植生が回復しつつあり、現在でも活動が続けられています。

連絡先名
大山観光局(大山エリア全般の案内)
TEL
0859-52-2502
URL
http://www.daisen.gr.jp/kyokai/
登山道から見える風景 登山道の様子 大神山神社 登山道の標識 大山頂上からの風景 頂上付近の登山道
3 大山でブナの森ウォーキング
登山・トレッキング
3 大山でブナの森ウォーキング
登山・トレッキング

大山山麓の大自然とパワースポットを巡るウォーキングを満喫

国立公園として守られてきた大山には、さまざまな動植物や自然が豊富に残っています。
四季の景色の移り変わりも豊かで、新緑の春~深緑きらめく夏~紅葉の秋~雪景色の冬と、同じ場所であっても季節ごとに様々な表情を見せてくれるので、何度訪れても飽きることはありません。
気持ちの良いブナの森を散策し、小道や沢、歴史ある史跡などを巡り、大自然のパワーを感じながら楽しめるウォーキングコースです。
ガイドの案内で、大山山麓の自然や歴史について楽しく触れることもでき、家族での散策もおすすめです。

おすすめルートはこちら  ►「国立公園へ行こう」

連絡先名
① 大山観光局(大山エリア全般の案内)
② 森の国
TEL
① 0859-52-2502
② 0859-53-8036
URL
① http://www.daisen.gr.jp/kyokai/
② http://www.japro.com/morinokuni/
ブナを見上げる男性5人 お地蔵さん 山のサンゴと呼ばれる植物 下山神社 石の鳥居 森の中のトレッキング
4 大山でダウンヒルサイクリング
サイクリング
4 大山でダウンヒルサイクリング
サイクリング

ブナの森から日本海へ地元のふれあいスポットを巡るダウンヒルサイクリングを満喫

大山中腹から日本海までの田舎道を、眼下に広がる真っ青な日本海や美しい里山、道路脇のブナの森などの風景を楽しみながら下るサイクリングです。
清らかに澄んだ川や森、ヨーグルト工場、廃校となった小学校を利用した地元作家さん達の工房、広大な芝生畑や動物との出会いなど、充実した立ち寄りポイントや地元の人々とのふれあいを体験できることも魅力です。
ガイドの案内でより充実したサイクリングを楽しむことができます。

おすすめルートはこちら  ►「国立公園へ行こう」

連絡先名
森の国
TEL
0859-53-8036
URL
http://www.japro.com/morinokuni/
羊と触れ合う女性 海の景色楽しむ人達 川遊びを楽しむ人達 川で水を飲む人達 両側を森に囲まれた道路をサイクリング 海を目指して田園風景の中をサイクリングする人達
5 大山パークウェイでドライブ
ドライブ
5 大山パークウェイでドライブ
ドライブ

大山隠岐国立公園を代表する絶景スポットを優雅なドライブコースで満喫

大山隠岐国立公園を縦断し、蒜山から大山、米子、さらには境港を経由し美保関に至る、優れた景観を有するドライブコースです。
コース上には、雄大な景色を持つ「蒜山高原」、鳥取県と岡山県の県境に立つ絶景スポット「鬼女台」や、山に囲まれた盆地状の高原リゾート「鏡ヶ成」、のどかな田園風景に包まれた「御机地区」、大山の南壁を眺める一番の絶景ポイント「鍵掛峠」、水とブナ林に囲まれた神秘的な雰囲気の「木谷沢渓流」、日本海を望む展望を楽しむ「美保関」など、大山隠岐国立公園を代表する絶景ポイントが数多くあります。

おすすめルートはこちら  ►「国立公園へ行こう」

連絡先名
① 大山観光局(大山エリア全般の案内)
② 蒜山観光協会(蒜山エリア全般の案内)
TEL
① 0859-52-2502
② 0867-66-3220
URL
① http://www.daisen.gr.jp/kyokai/
② http://www.hiruzen.info/
鬼女台(きめんだい)から見える夕景 美保関から見る朝やけと大山 農村集落から見える大山 ブナの森を抜ける道路 秋の鍵掛峠(かぎかけとうげ) 木谷沢渓流
6 蒜山高原でサイクリング
サイクリング
6 蒜山高原でサイクリング
サイクリング

雄大な大地と牧歌的風景の中を駆け抜けるダイナミックなサイクリングを満喫

総延長約30kmのサイクリングコースは、レンタサイクルも充実しており、雄大な大地と牧歌的雰囲気の蒜山高原を手軽に満喫することができます。
コースは、主に蒜山三座の雄大な山並み景観が楽しめるコースと牧草地のある田園風景の中を走るコースなど、異なる趣を選べます。
それぞれのコースには、チーズ工房・ワイナリー・ジンギスカン・ひるぜん焼そば・ホースパーク・天然水が湧き出る塩釜の冷泉・アミューズメントパークなど、魅力ある立ち寄り場所もいっぱいです。
また、コース周辺には、キャンプ場や宿泊施設、温泉なども整備されており、冬にはファットバイクもありますので、四季を通してゆっくりとサイクリングを楽しんで下さい。
ガイドの案内でより充実したサイクリングを楽しむことができます。

おすすめルートはこちら  ►「国立公園へ行こう」

連絡先名
蒜山観光協会
TEL
0867-66-3220
URL
http://www.hiruzen.info/
サイクリングする人達 自転車を止めて蒜山三座(ひるぜんさんざ)を眺める 蒜山高原でキャンプ 白い雪の上を走るファットバイク 手作りの漆器 サイクリング途中の民家で出された手作りの茶菓子
7 三徳山で登山と座禅体験
文化・信仰体験
7 三徳山で登山と座禅体験
文化・信仰体験

日本一危険な国宝を目指し、神秘的な自然と日本の信仰文化を満喫

鳥取県のほぼ中央に位置する三徳山(標高約900m)は、古くは三徳山全体を境内とし、大山とともに霊峰として山岳信仰の対象となっていました。
「三佛寺投入堂」の通称で知られる奥院の建物は、垂直に切り立った絶壁の窪みに建てられた、他に類を見ない建築物で、国宝に指定されています。「三佛寺投入堂」に続く険しい行者道や歴史ある建造物の数々が、神秘的な自然と歴史、信仰文化を感じさせてくれます。三佛寺投入堂に行くこと自体が修行となります。十分に気をつけて登って下さい。
朝の座禅体験や写経体験のほか、周辺をサイクリングで巡ることもできます。

連絡先名
三朝温泉観光協会・三朝温泉旅館協同組合(三朝エリア全体の案内)
TEL
0858-43-0431
URL
http://spa-misasa.jp/
三徳山を下から眺める 投入堂前で記念撮影 樹齢千年を超える杉が立つ登山道 三徳山三佛寺本堂 厳しい登山道 4体のお地蔵さん
8 美保神社で朝御饌あさみけ(朝の神事)体験
文化・信仰体験
8 美保神社で朝御饌あさみけ(朝の神事)体験
文化・信仰体験

神話の舞台となった歴史ある日本の魚村で人々の暮らしと日本の信仰文化を満喫

島根半島の東端に位置する美保関は、歴史と豊かな風情が感じられる小さな港町です。
古い町並みの残る青石畳通りを抜けた先にある美保神社では、漁業と商業の神様としてあがめられる事代主神(えびす様)が祭られており、全国に3,385社ある事代主えびす社の総本宮となっています。神職とともにご奉仕し、毎日の朝の供物をご一緒に奉る儀式に参列することで、新たな思いを発見する、そんな素敵な空間と深い日本の信仰や文化を感じてください。
また、春のツツジがきれいな五本松公園から日本海を360度一望できる美保関灯台付近までは遊歩道が整備されています。夏は「漁り火」の鑑賞やトビウオすくい体験などもできます。

連絡先名
松江観光協会 美保関町支部(美保関エリア全般の案内)
TEL
0852-73-9001
URL
http://www.mihonoseki-kankou.jp/
2人の巫女さん 神事の始まりの様子 大きなしめ縄の下に立つ女性 しめ縄の拡大写真 美保神社の境内を掃除して心身を清める人達 神事を見守る人達
9 米子水鳥公園で野鳥観察
自然体験
9 米子水鳥公園で野鳥観察
自然体験

西日本屈指の野鳥の生息地で、旬の野鳥観察を満喫

大山の麓、米子市に位置する中海は、西日本最大のコハクチョウの集団越冬地です。
かつて、中海にはコハクチョウのねぐらがたくさんありましたが、干拓によってねぐらとなる浅瀬が次々と失われ、米子市の彦名干拓地にできた貴重な湿地が、コハクチョウにとって最後に残されたねぐらとなりました。
現在、毎年約100種類、最大10,000羽以上の野鳥が確認される西日本屈指の野鳥の生息地となっており、ラムサール条約登録湿地です。

連絡先名
米子水鳥公園
TEL
0859-24-6139
URL
http://www.yonago-mizutori.com/
鳥を観察する人達 水面を飛び立つ白鳥の群れ 中海越しに見える大山 ビオトープで昆虫採集する子ども達 中海越しに見える大山 木柵に止まるカモ
10 隠岐諸島で自然体験とマリンスポーツ
登山トレッキング キャンプ マリンスポーツ クルージング
10 隠岐諸島で自然体験とマリンスポーツ
登山トレッキング キャンプ マリンスポーツ クルージング

自然海岸のダイナミックな景観と多彩なマリンスポーツを満喫

隠岐諸島は、本土から約40~80kmの沖合に浮かぶ大小180余りの島々からなります。
日本海の荒波によって削り出された断崖などの自然海岸やその上に広がる牛や馬の牧草地などの景色が、我が国屈指の雄大さと美しさを誇ります。
隠岐諸島の各所では、豊かな自然を五感で感じながら、トレッキングやキャンプ、ダイナミックな断崖や奇岩などを楽しめるクルージングのほか、海水浴やシーカヤック、スタンドアップパドル、ダイビングなど、多彩なマリンスポーツが思う存分体験できます。

連絡先名
隠岐観光協会
TEL
08512-2-1577
URL
http://www.e-oki.net/
シーカヤックを楽しむ 透き通る海の上でシーカヤック 草を食(は)む馬と国賀(くにが)海岸 エメラルドグリーンが美しい明屋海岸のハート岩 スタンドアップパドルボードを楽しむ ローソク島と夕日
11 三瓶山でトレッキングやアウトドアアクティビティ
登山・トレッキング キャンプ
11 三瓶山でトレッキングやアウトドアアクティビティ
登山・トレッキング キャンプ

山麓に広がる多彩なコースで、目的に合わせたトレッキングやアウトドアを満喫

島根県のほぼ中央に位置する単独峰(主峰の男三瓶山の標高約1126m)で、環状に連なった溶岩ドーム群から成る穏やかな山容とその山麓に広がる草原の牧歌的な景観、周辺の池、山腹の自然林など、変化のある景観を楽しめます。
観光リフトを利用してのトレッキングから、山頂登山や縦走ルートまで、レベルに合わせて楽しさを見つけられるフィールドです。
山麓では、キャンプや星空観察など多彩なアウトドアアクティビティの他、自然系博物館や西日本有数の沸出量を誇る上質な三瓶温泉を楽しめるのも魅力です。

連絡先名
三瓶広域ツーリズム振興協議会(三瓶エリア全般の案内)
TEL
0854-82-1600(島根県大田市役所)
URL
http://www.sanbesan.jp/
邇幣姫(にべひめ)神社の鳥居 雲海の三瓶山 カキツバタが一面に広がる 浮布池(うきぬのいけ) 三瓶温泉 草原風景
12 島根半島で勇壮な自然景観と厳かな信仰に触れる
マリンスポーツ キャンプ場 クルージング 文化信仰体験
12 島根半島で勇壮な自然景観と厳かな信仰に触れる
マリンスポーツ キャンプ場 クルージング 文化信仰体験

変化に富んだ美しい海岸線とマリンスポーツと日本の信仰文化を満喫

島根半島は、変化に富んだ美しい海岸線が広がります。海岸線には断崖、洞門、洞窟、砂浜等の多彩な景観が続き、日本海を望む雄大な景色や透明度の高い海水浴、洞門を潜りながら鑑賞できる遊覧船(加賀の潜戸コース・多古の七つ穴コース)が楽しめます。
また、出雲大社、日御碕神社などの人文景観に優れ、地域行事等で神話や伝承が今も息づいていることを感じることができます。

連絡先名
① 加賀潜戸遊覧船
② 出雲観光協会(出雲大社、日御碕神社など出雲エリアの案内)
TEL
① 0852-85-9111
② 0853-53-2112
URL
① http://kukedo.com/
② http://www.izumo-kankou.gr.jp/
日御碕神社をお参りする2人の女性 加賀の潜戸(かかのくげど)の遊覧船 日御碕神社 加賀の潜戸(かかのくげど)の洞窟 千酌海岸 菅浦海岸