自然環境・生物多様性

絶滅危惧種の捕獲・採集圧に関する普及啓発チラシ及びポスターについて

概要

 我が国の既知の生物種数は9万種以上であり、固有種の比率も高いことから、世界的にも生物多様性の保全上重要な地域(ホットスポット)として認識されております。

 一方で、平成24年度に公表した環境省第4次レッドリスト(絶滅のおそれのある野生生物の種のリスト)では絶滅危惧Ⅰ類及びⅡ類のカテゴリー(ランク)に該当する絶滅危惧種として、10分類群合計で3,597種が掲載され、第3次レッドリストより422種増加しました。また、平成23年に「絶滅のおそれのある野生生物の保全に関する点検」を実施し、絶滅危惧種の減少要因について、「捕獲・採集」は「開発」に次ぐ大きな要因となっていることがわかりました。

 絶滅危惧種については、捕獲・採集圧(商業目的や鑑賞目的の乱獲・盗掘)が以前から問題になっており、数少なくなってしまった種に対して壊滅的な打撃となることもあります。こうした状況を踏まえ、環境省では、捕獲・採集が与える影響の大きさについて広く国民一般向けの普及啓発を目的としたチラシ及びポスターを作成し、都道府県や関係団体等のご協力を得て全国的に配布します。

  •  ※なお、生息状況の調査等のため捕獲・採集が必要な場合もあります。また、自然や生きものに親しむことは大切であり、一概に昆虫採集等を否定するものではありません。

報道発表

絶滅危惧種の捕獲・採集圧に関する普及啓発チラシ及びポスターの作成について

  • 以下からご自由にダウンロードしてご利用下さい。
  • 若干の余部がございますので、もしご希望の方は下記連絡先までお問い合わせ下さい。
    環境省 自然環境局野生生物課希少種保全推進室
    TEL:03-5521-8283

A2版ポスター:絶滅危惧種の捕獲・採集圧に関する普及啓発

A4版チラシ:絶滅危惧種の捕獲・採集圧に関する普及啓発(表)A4版チラシ:絶滅危惧種の捕獲・採集圧に関する普及啓発(裏)

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ