• 世界の森林と保全方法
  • 森林保全と企業
  • パートナーシップによる保全
  • 森林保全の制度
  • 事例とデータベース
  • 活動報告
  • 参考資料

フォレスト パートナーシップ・プラットフォーム ホーム > 世界の森林と保全方法 > ブラジル連邦共和国

世界の森林とその保全

ブラジル連邦共和国

森林及び森林減少の現状

ブラジルは、赤道をまたぐ約850平方キロメートル(約8億5,000万ヘクタール)の広大な国土に、世界最大の熱帯林アマゾンを擁する森林大国です。ブラジルの森林は、世界の生物多様性のうちの相当部分を担っています。5万6,000〜6万2,000種の高等植物(コケ類、地衣類、菌類は含まず)と多くの哺乳類がそこには生息しており、これは世界の植物種の約20%、鳥類の20%、哺乳類の10%に相当します(注1)

国連食糧農業機関(FAO)の「世界森林資源評価2010」(注2)によれば、2010年におけるブラジルの総森林面積は5億1,952万ヘクタールとなっており、このうちの3億5,439万ヘクタールはアマゾン地域に分布しています。また、このうち原生林の面積は推定約4億8,000万ヘクタールとなっています。

表 ブラジルの森林面積の推移(注3)
1990 2000 2005 2010
森林計 574,839 545,943 530,494 519,522
 原生林 530,041 501,926 488,254 476,573
 天然再生林 39,814 38,841 36,475 35,532
 人工林 4,984 5,176 5,765 7,418
 人工林のうち外来種導入 4,850 5,108 5,578 7,096
国土面積 851,488 851,488 851,488 851,488
森林率 67.5% 64.1% 62.3% 61.0%

しかし一方で、ブラジルは世界最大の森林消失国でもあります。ブラジルの森林減少面積は、2000〜2005年では年間平均309万ヘクタール、2005〜2010年で219万4,000ヘクタールとなっており(注4)、近年、減少面積は低下傾向にあるものの、森林保全の必要性が依然として高い国です。

ブラジル政府も、とくにアマゾンにおける違法伐採対策と森林減少抑制策には重点を置いて取り組んでおり、近年は森林減少には歯止めがかかりつつあります。背景には、政府による規制監視の強化、行政システムの連携、牧畜・農業従事者の意識の高まりなどのほか、衛星リモートセンシングを活用した森林監視システムの構築といった要因が挙げられます。

森林に関わる制度(注5)

ブラジルにおける森林行政は、環境省(Ministério do Meio Ambiente:MMA)が管轄しており、林業全般のほか、アマゾン開発に関わる諸政策や環境政策に関する立案・調整管理等を担っています。また、MMAの監督下にある組織として、ブラジル森林局(Serviço Florestal Brasileiro:SFB)や環境・再生可能天然資源院(Instituto Brasileiro do Meio Ambiente e dos Recursos Naturais Renováveis:IBAMA)があるほか、森林資源に関しては、国家農地改革殖民研究所(Instituto Nacional de Colonizaçãoe Reforma Agrária :INCRA)や先住民の文化保護などを担う国立インディオ財団(Fundação Nacional do Índio:FUNAI)も、一定の役割を担っています。

また、様々な利害関係者が森林セクターのための政策形成に参加できる場として、政府の各省庁や市民団体、林業界、教育研究機関の代表者39人からなる国家森林委員会(Comissão Nacional de Florestas:CONAFLOR)が設置されており、森林にまつわる諸手続きの実施ガイドライン等を作成しています。

ブラジルにおける主な森林関連法規は、森林法(1965年)、動物保護法(1967年)、国家環境政策(1981年)、水資源政策(1997年)、環境犯罪法(1998年)、公共林管理法(2006年)などが挙げられます。

1988年の新憲法制定により、課税権や財政上の権限を含む多くの政治機能が中央政府から州や地方自治体に移り、天然資源管理や開発プログラム実施の分権化も進みました。

2006年に施行された公共林管理法は、土地の収奪を防止し、永続的な森林管理につながるようなコンセッション制度の導入を含めた、公共地管理のための法的枠組みとなっています。

森林保全の取組等(注6)

アマゾンの森林地域の持続可能な管理に向けて、2000年代の後半には多くの前進がみられ、2005年以降2010年までに森林認証を受けた森林が倍増するなどの成果に表れています。この背景には、違法伐採の監視や森林減少の観測のための衛星を使った監視システムの開発・活用や土地の所有・利用をめぐる権利の明確化に向けた取組の進展など、森林をめぐる法制度の執行状態の改善や法規制等の整備に加えて、特に公共林及び保全地域の管理、モニタリング、生物多様性保全、劣化した森林の再生等のプロジェクトの支援に用いられる資金を2021年までに210億ドル国内外の政府や企業から募る「アマゾン基金」など新たな資金等の創出も影響していると考えられます。

また、ブラジルにおける従来の全二酸化炭素排出の約75%(約8億トン、1994年、ブラジル政府森林炭素排出インベントリー)は土地利用・土地利用変化及び林業に由来しており、森林減少対策は、同時にブラジル政府の最も重要な気候変動対策の取組ともなっています。そのため、ブラジルへの内外からの具体的なREDDプラス(途上国における森林減少・劣化の抑制等による温室効果ガス排出削減)への期待は非常に高まっており、地方政府、民間企業、NGOを中心としたREDDプラス関連プロジェクトは2010年後半の時点で少なくとも10を超えています。

我が国企業やNGO/NPOの事例

連携事例

企業の事例

NGO/NPOの事例

ITTOの事例

(2012年3月)

注釈

ページ上部に戻る